読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

屋根のリフォームには3つの方法を選ぶ理由

f:id:rainha-rie10:20160903131751j:plain

屋根のリフォームには3つの方法を選ぶ理由

 

普段あまり目にしない場所だからこそ、屋根の塗装については時々確認してほしいというお話をしました。塗装するには屋根材自体が傷んでいたらどうしたらいいのでしょう。 

 

屋根のリフォームは時期を逃すと大きな費用が掛かってしまうこともあります。屋根塗装、カバー工法、葺き替えと、スレート屋根(カラーベスト)リフォームにはいくつかの種類があります。

 

カラーベストとは屋根材の商品名でスレート屋根の俗称です。

 

この3つのリフォーム方法、屋根塗装・カバー工法・葺き替えのどれを選んだらいいかは現在の屋根の状態とこの先何年いまの住まいに住むのかがポイントとなります。

 

屋根リフォームには最適な時期というものがあり、それを逃してしまうと後で莫大な費用が掛かってしまうことも少なくありません。

 

そこで今回は屋根塗装・カバー工法・葺き替えの比較と選び方。 それぞれの屋根リフォームに最適な時期や施工方法をご紹介します。

 

屋根塗装リフォームは、表面の耐久性を上げて美しさを蘇らせることができます。時期としては10年目くらいが目処でしょう。

 

屋根塗装の一番の目的はスレート屋根の表面の耐久性をアップさせ色を美しくすることです。3つのリフォームの中でも屋根塗装は手ごろな費用で行なうことができます。

 

スレート屋根は10年を過ぎる頃から表面が劣化して割れや反りなどが起き始めます。また棟の下地が腐食していたり板金を止めている釘が浮いてくることが多いので10年目でシッカリ点検して屋根塗装をしておくといいでしょう。

 

10年以上経つと汚れやコケが付いたり色褪せも目立つようになります。塗装前に内部に腐食が無いか点検してもらいましょう。屋根塗装は表面を水洗いした後に塗装をしますが、あくまでも表面のことです。

 

屋根塗装で雨漏りを止めたり防水性能を上げることはできません。塗装前には点検を行ない下地の様子を確認しましょう。中が腐っていては、表面だけキレイにしても意味は無いのです。

 

下地をしっかり補修してからでないと、施工方法によっては屋根塗装リフォームが雨漏りの原因になることもあります。

 

古いスレート屋根は人が歩くだけで割れることもあり、劣化がひどい場合は屋根塗装をせず次の葺き替えか建て替えまでそのままにしておくほうがいいケースもあります。

 

屋根塗装には水の道筋をふさがないよう「縁切り」という作業が必要です。縁切りが不十分だと、雨漏りや内部腐食を起こすこともあります。

 

的確な判断と工事をするためにもしっかりとした点検を行ない、屋根塗装の実績がある業者を選びましょう。相談するだけでもメンテナンスとしては重要なことです。

 

rainha-rie10.hatenablog.com

・無料見積もりフォーム

公式サイト⇒https://bonitapraia.com/

facebookhttps://www.facebook.com/bonitapraia/