子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

屋根の寿命を縮めないメンテナンスの方法

 

f:id:rainha-rie10:20160903125108j:plain

屋根の寿命を縮めないメンテナンスの方法

 

普段人は玄関をでてしまうと振り返ることがあまりないのです。なので屋根はあまり目にする部分ではないので、気が付くと何もしないまま長い期間が経っているということも珍しくありません。

 

日々の雨風に直接さらされる部分であることに加えて、台風や地震の多い日本では、屋根をしっかりとメンテナンスしてあげることが、住まいの寿命を延ばすことにつながるのです。

 

言い換えれば、屋根をほったらかしにしておくと、どんどん家の寿命は縮んでいってしまうのです。そこで住まいの寿命のカギを握る屋根のリフォームについて、メンテナンスの時期や方法についてご紹介します。

 

屋根のメンテナンスリフォームは大きく3種類

屋根のリフォームは、見た目を美しくするというよりも住まいを長持ちさせることの方が重要になります。

 

屋根リフォームは、屋根材表面だけを塗り替える場合、既存の屋根に新たな屋根材を重ねる場合、屋根材そのものを交換する場合(葺き替え)の大きく3種類に分けられます。

 

どれがいいのかは、現在の屋根と住まいの傷み具合や築年数などを考慮した上で、どのリフォームにするのかを選ぶ必要があります。

 

屋根の傷み具合や材質、また住まいそのものの状況によって、選択できるリフォームの内容や概算費用は大きく異なるからです。

 

屋根表面のカビや藻類をしっかり洗浄しておくことが塗装をしっかり仕上げるポイントです。ついでに雨樋の掃除や補修も同時期におこなっておくといいでしょう。

 

築年数が10年前後の住まいや、屋根材・下地材がまだ傷んでいない建物であれば屋根材表面の塗装だけで十分対応可能です。(住まいによって差はあります)

 

定期的に塗装してあげることで、屋根材表面が塗膜で保護されるので、屋根材の劣化を防ぐことができ、結果的に屋根の寿命を伸ばすことができます。

 

方法としては、屋根材表面に塗料がしっかり接着するようにシーラーを下塗りします。屋根を塗装するときは、屋根材表面に付着・繁殖したカビや藻類などを十分に洗浄します。

 

その後、専用シーラーで下塗りし塗料の接着を高めてから仕上げの塗料で上塗りします。通常は屋根だけを塗装する場合でも足場を組んでもらう必要がありますから外壁の塗装も同時に施工してもらった方がそれぞれ別々に施工するよりも1~2割程度安くなります。

 

直射日光や雨風により屋根塗料の耐久年数は外壁の場合と比べても短くなることが多いです。予算に余裕があれば屋根の塗装には1~2ランク上の塗料を採用する方が良いでしょう。

 

いずれにせよ屋根の傷み具合や材質、住まいそのものの状況によって選択できるリフォームの内容や概算費用は大きく異なります。たまには玄関をでたら振り向いてみてくださいね。

 

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

・無料見積もりフォーム

公式サイト⇒https://bonitapraia.com/

facebookhttps://www.facebook.com/bonitapraia/