読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

あなたの住んでいる地域は公共下水道が完備されていますか?

f:id:rainha-rie10:20160804153110j:plain

あなたの住んでいる地域は公共下水道が完備されていますか?

 

リフォームの助成金を申請して補助金を利用した工事が終了しました。今回の工事は下水道までの接続工事と、水回り(トイレ・洗面・風呂)が中心です。ご家族は住みながらの工事になりました。(写真は文章とは関係ありません)

 

助成金を申請するとなると、「自分で申請するのは面倒」と思ったり、「補助金助成金は返金しなければいけないのでは?」と思い違いをされている方が多いです。実際はそんなことはなく、申請が通れば助成金はあなたの口座に振り込まれて返金は必要ないです。

 

まだまだ公共下水道が完備されていない地域は多いです。古くからの住宅密集地でもいわゆる「ぽっとんトイレ」のままで、浄化槽で汲み取りにきてもらう地域です。

 

公共下水道がちゃんと完備されて、助成金の補助がでることになったら、自治体のホームページなどで確認することができます。あなたの住んでいる地域は公共下水道が完備されていますか?

 

今回はこの公共下水道までの接続工事をふくめて、トイレをぽっとんトイレから水洗に変更する工事を行いました。工事の内容としては外回りの配管や下水道管を設置して、排水を下水道まで流れるようにします。

 

その後にトイレ工事・洗面・風呂場解体〜設置まで、約1ヶ月の工程でした。水回りの工事は利用者が使えなくなると不自由ですので、短期間で行わないとなので、ある程度ひっつめた日程になります。

 

冬場はいいですが、暑い季節にお風呂にはいれないのはキツイですから、最小限の日にちで組立から設置まで行ないます。トイレは1日半、洗面は即日、お風呂は2日間程度で終了です。

 

水回りといっても、ただ器具を交換するだけではなく、解体して補修したり、内装工事も入ります。壁紙クロスや床のクッションフロアーなどを貼り替えなければならなくなるからです。

 

お風呂場の解体は外壁も修繕する必要が出てくることもあります。窓の位置を変更したり、大きさを変えることもありますので、外壁の一部を修繕します。色や素材も十分に打ち合わせが必要になってきます。

 

お風呂場は滑りやすい場所なので、今回は手摺を設置しました。トイレも同様です。洗面台は元の位置に交換しただけなので配管は同じ位置でおこなうことができました。この配管の位置を変更するとプラス工事費がかかります。

 

水回りを工事するときは、この「位置の変更」が重要になります。位置を変更しなければ器具の交換と、配管までの接続ですむからです。

 

助成金の申請は弊社でおこないました。申請者さんの住民票と印鑑が必要です。助成金を申請する場所に住んでいるかの確認となります。家の持ち主が申請者であることも必要です。

 

申請すればだれでも通るというわけではありませんが、抽選に通ればここからは工事が始められます。リフォーム工事の開始は決定が出てからというわけです。

 

工事が終了すれば、下水道を工事した場合は、下水道の検査があります。検査が通って、写真などを添付して完了報告をおこなえば、あとは助成金が振り込まれるのを待つのみとなります。

 

こうやって文章にすると「なんだかやっぱり面倒くさそう」って思います?大丈夫です。面倒なことはすべてリフォーム業者がやってくれます。申請代行をしてくれるということです。

 

ただし、気をつけなくてはならないのは、「リフォームの工事は申請が通ってからでないとできない」ことです。「リフォームの工事が始まったんだけどうちも申請できますか」とよく聞かれますが、始まってからは無理です。

 

使い勝手の悪い水回りの工事はお客様から大変喜ばれました。依頼者である申請者がお金を出して工事するのですから、納得のいけるように、満足のいくように工事させていただくのは当たり前のことです。

 

しかし、工事が終了してお引き渡しをするまでは「果たして満足いただけているのか」は正直なはなし、心配なところです。自身を持って工事するのは当たり前です。けれど住む人の目線や気持ちになって工事しないと満足はいただけません。

 

リフォームは工事が終わってはいサヨナラ〜ではないです。終わってからが長いお付き合いになります。100%の工事を行ったとしても、器具には不具合が出ることだってあります。

 

なにもないのに越したことはありません。なにもなければないで、そこを見守っていければいいなあと思っています。

 

最後に、助成金の申請は工事を始めてからでは申請できないことを知っておいてくださいね〜。

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

・無料見積もりフォーム

公式サイト⇒https://bonitapraia.com/

facebookhttps://www.facebook.com/bonitapraia/