読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

中古住宅のリフォームを価格を抑えて行なう方法って?

f:id:rainha-rie10:20160725111448j:plain

中古住宅のリフォームを価格を抑えて行なう方法って?

 

中古住宅の魅力は何と言っても価格でしょう。敷地が広くて立地条件もよく、新築ではとても手に入らないような物件でも、中古住宅なら手が届くこともあります。現在のリフォーム技術は進歩し、新築のような仕上がりが可能になりました。最近では中古物件をマイホームの視野に入れる人も増えています。

 

中古住宅は築年数が経っているほど傷みが著しいものです。そのため中古住宅のリフォームでは安心して住めるように耐震工事が最優先です。そして快適に住むために断熱性や省エネ性も大切です。

 

しかしキッチンはよく使う部分なだけに、中古住宅の汚れなどは気になるものです。他の部屋は何とかそのまま使えたとしても、せめてキッチンだけは自分の使いやすいようにリフォームしたいところでしょう。

 

キッチンのリフォームは新築より割安だと思われるでしょうが、建物の老築化が著しければ追加で費用がかかってしまうことがあります。また既に完成している住宅なので、キッチンを全く違う場所に造り変えるなど、建物の構造や間取りを大きく変えるリフォームは難しくなります。

 

システムキッチンを取り換えるだけのリフォームならそれほど費用はかかりません。なぜならば配管などを交換する手間がないからです。こういった知識がないとリフォームをするときに高額になってしまうので注意が必要です。

 

予算が許すなら、収納や壁、床なども合わせて取り換えると新築と変わらない仕上がりになります。築年数の浅い中古住宅なら、クリーニングをすれば十分そのまま使用できる設備も多くあります。

 

中古住宅ならではの持ち味を上手く利用すれば、新築以上に満足な住宅が手に入るかもしれません。

 

rainha-rie10.hatenablog.com

 

rainha-rie10.hatenablog.com

 

公式サイト

https://bonitapraia.com/

facebook

https://www.facebook.com/bonitapraia/