子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

開発が進む地域と過疎化が進む地域では査定額は同じではないの?

f:id:rainha-rie10:20160617135931j:plain

開発が進む地域と過疎化が進む地域では査定額は同じではないの?

 

不動産の活用と査定

不動産は持っているだけで税金を払わなければなりませんから、不要になったら早めに売却を考えましょう。 もちろん、将来子供が住むと思うなら売却すべきではありません。

 

しばらくは賃貸で税金の費用を賄うこともできます。 売却を考えるなら、まず不動産査定を受けることを考えましょう。 不動産査定の金額を参考にして、どの程度の金額ならば買い手が付くかを考慮して価格を設定します。

 

家を建てた後、転勤などで引っ越しをすることになった場合、所有したままで賃貸住宅として利益を出すことも可能ですが、売却してしまえば、その後の面倒を見る必要がありません。

 

どちらがいいかは家族で判断するといいでしょう。 また、不動産査定では住宅の築年数で価値が変わってきます。 賃貸を続けていると、住まいは古くなりますからいずれはほとんど価値がなくなります。

 

一般的には不動産業者にメンテナンスなども含めて、依頼することが多いようです。 借り手を探す必要があるからです。 不動産会社が借り手を探してくれれば、後は契約の手続きをするだけです。

 

その後は何もしなくていいのです。 住宅の売却で一時的に大きな収入となりますが、次に住む家の資金とすることが多いため、手元にお金が残ることはないでしょう。 もちろん、お金に余裕がある人は別です。

 

不動産の価値は、その時代によっても変わります。 開発が進む地域と、過疎化が進む地域で同じ価格になるはずもありません。 売却を考えた時が売り時かもしれません。 タイミングを逃さないようにしましょう。

 

自分で不動産査定をする

不動産査定は不動産業者に依頼することが一般的ですが、ある程度の金額を見たいと言うことだけなら自分で計算することもできます。 今自分が住んでいる家にどれくらいの価値があるか知っておくのも悪くありません。

 

具体的な計算方法を紹介しましょう。 税務署のホームページを見ると路線価が掲載されています。 道路の土地の値段です。 これを基に税金が産出されていますから、公的な価格と見ていいでしょう。

 

自分が住んでいる土地の近くの路線価を参照しましょう。 価格は単位面積当たりの単価になっていますから、それに自宅の面積をかければいいでしょう。 また、道路に面している部分、三角形など利用しにくい形の部分はそれぞれ乗数をかけて加算または減算をします。

 

家屋の場合は単位面積当たりの相場で計算します。 これは平均的な家屋の場合ですから、築年数がかなり経っている場合、豪華な住宅などはその分を加味しましょう。 修繕が必要な家屋も適切な乗数をかけましょう。

 

面積が極端に広い場合はその分の乗数をかけます。 評価額は高くなるのです。 具体的な乗数はインターネットなどで調べてみましょう。 そうして計算した金額が妥当かどうかは、中古物件などと比較してみるといいでしょう。

 

実際に売る場合は、もっと細かく計算します。 専門的な知識も必要となりますから、専門家に不動産査定を依頼するのです。 自分の財産である不動産の価値を知ることで、これからの生活に対する考え方が違ってくるかもしれません。

 

不動産の価格

不動産会社のホームページを見るとたくさんの物件情報が掲載されています。 自分がこれから住宅を購入しようと考えるなら、たくさんの物件を見ておくことをおすすめします。

 

それぞれの住宅は住む時のことを考えて作られています。 もちろん、家族構成や年齢などによって、作り方は変わってきます。 自分が住んでいる家の価値を見るために、自分の家と同じレベルの中古住宅の価格を見ている人もいます。

 

もちろん、不動産会社の利益が上乗せされていますから、その分を考慮しておかなければなりません。 不動産査定は不動産を客観的に判断して、価格を計算することです。 ただ、不動産査定で計算された金額で売れると言うことではありません。

 

また、人気の高い地域であれば、もっと高い金額を設定しても、買い手が見つかる可能性もあります。 自分の財産がどれくらいの価値を持っているのかを知るために不動産査定を依頼する人もいます。

 

遺産相続や離婚協議などでは必須となります。 自分が思っているよりも意外と安い可能性は否定できませんが、新しく購入しようと考えるとそのお金が必要となるのですから、十分な価値はあるのです。

 

今住んでいる家を売り払って、新しい家を購入する人も少なくありません。 そのためにはできるだけ高く売りたいものです。 不動産査定は一定の計算式があるわけではありませんから、不動産業者によって金額に違いが出ます。 そのため、複数の不動産業者に不動産査定を依頼するのが一般的です。

 

rainha-rie10.hatenablog.com 

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

公式サイト

https://bonitapraia.com/

facebook

https://www.facebook.com/bonitapraia/