読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォームのボニタプライアの女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・建築・インテリアを中心にお話します。

離婚や相続で不動産査定を知っておいたほうがいい理由って。

税金豆知識 住まいの気になるところ 中古住宅 リフォームの豆知識 リフォーム

f:id:rainha-rie10:20160617131438j:plain

離婚や相続で不動産査定を知っておいたほうがいい理由って。

 

不動産を売る

不動産を手放す場合にはできるだけ高く売りたいと思うでしょう。 ただ、相場と言うものがありますから、極端に高い価格を設定することはできませんね。 しかし、相場はどうやって決まっているのでしょうか。

 

あなたの不動産と隣の家と比べて、どちらが高いのでしょう。 不動産査定とは客観的な視点で不動産の価格を評価することです。 建前は公平な評価なのですが、現実的にはそのような不動産業者はいません。

 

高く売れると思ったら、高い評価額を付けてくれます。 不動産を探している人がいれば、売れることがわかっているからです。 したがって、不動産査定は不動産業者によって違うことになります。

 

これから不動産を売りたいと考えているなら、まずは複数の業者に査定を依頼しましょう。 それらを比較してから考えるのです。 すぐに売らなければならないような事情があれば別ですが、不動産の売却は慎重に行うべきです。

 

一般的に不動産売買は不動産業者に任せた方が早く決まります。 条件が良ければ不動産の価格は高くなります。 買い手が多ければ当然ながら価格は高くなります。 それは不動産査定の金額よりも高い可能性もあります。

 

結局、不動産査定で提示された価格は参考にすぎません。 最終的には売り手と買い手の話し合いで決まるからです。 査定をしてもらうことで、そして手数料を払わなければなりません。

 

手続きなどは不動産業者に依頼するのですから、ある程度の手数料は避けられません。 売却することで固定資産税などを払う必要がなくなりますから、その分を利益と考えることもできます。

 

不動産の一括査定

不動産の一括査定は便利です。 不動産査定は売却をする時です。 ただ、どこの業者に売却を依頼するか決めていませんから、不動産査定の依頼先をどこにすればいいかわからないのです。

 

そんな時には一括査定をすれば複数の業者に依頼することになります。 不動産査定は業者によって異なります。 決まった計算式があるわけではないからです。 築年数や周囲の環境をどのように考慮するかは不動産業者の知識が役に立ちます。

 

一括査定をすることで、業者間でどのような違いがあるかもわかります。 もちろん、極端な違いはありません。 全国の路線価が決められていますから、それを参考にしているからです。

 

ただ、その地域の情報に詳しい業者であれば、売り方もわかっています。 会社として売り手を探して、売買利益を上げられるように不動産査定を行うのです。 すぐに売却を考えているわけではなくても、知っておくべきでしょう。

 

離婚や遺産相続で不動産査定を知らなければならないケースもあります。 財産を分割するためには適正な価格がなければならないのです。 インターネットで一括査定のサイトを検索してみましょう。 いくつものサイトがあります。

 

もちろん、特定の不動産会社でも不動産査定をしてくれます。 ただ、会社に依頼すると、そのまま売却も依頼する流れになってしまいます。 それが嫌なら一括査定を試すべきでしょう。

 

不動産を売却するつもりなら、まず情報収集から始めましょう。 一般的な相場を知ることが重要でしょう。

 

不動産査定と離婚

不動産査定はどのような時に利用されるのでしょうか。 一番多いのは離婚調停です。 夫と妻の財産を整理して、分配する時に不動産査定が必要となるのです。 一般の人は自分の家を売って、新しい家を買う機会は少ないですよね。

 

離婚調停時の不動産査定では、世間並みの相場を考えておけばいいでしょう。 実際に売るための価格ではなく、財産分与のための価格設定だからです。 離婚してもそのまま住む人もいますし、売り払ってしまうこともあるでしょう。

 

調停の手続きをしている弁護士が不動産業者に不動産査定を依頼します。 離婚の当事者たちではありませんから、査定もより客観的になることでしょう。 ただ、決まり事があるわけではありませんから、その査定が妥当かどうかを判断できる知識が必要です。

 

弁護士はいろいろな案件を経験していますから、その知識はあると思います。 もちろん、不動産の専門家なら間違いありません。 不動産査定は実際の住宅を見なければ、正確なことはわかりません。

 

ただ、概算金額を出すだけであれば、住所と築年数、広さなどを考慮して判断することもあります。 物件がある地域で営業している不動産業者の方が、地理的なことを知っていますから、より正確な査定ができるでしょう。

 

離婚を考えている当人たちは、そこまで気が回りませんから、弁護士が手続きをするのです。 そのための費用も必要です。 弁護士を通じて、請求されます。 また、土地の価格は日本全国で決められており、税金の対象となっています。

 

不動産査定のポイント

不動産査定を依頼する場合のポイントについて考えてみましょう。 不動産業者に依頼しても、すぐに金額が出てくるわけではありませんから、売却を考えるようになってきたら早めに依頼しておくといいでしょう。

 

不動産査定で算出される金額は不動産業者によって異なります。 したがって、一つの業者ではなく複数の業者に依頼すべきです。 ただ、むやみに多くの業者に依頼してしまうと、その後の営業マンとの対応が面倒になりますから、数社に留めておくことがポイントです。

 

また、住宅の売買を積極的に行っている不動産業者を選びます。 多くの不動産業者は賃貸住宅だけを取り扱っていることが多く、売買をしていないところもあるのです。 不動産査定をしたことがない業者に依頼すると、余計な手間がかかってしまいます。

 

大手の業者に依頼してもいいのですが、同じ系列の会社であれば、データベースが同じになりますから、提示される金額も同じになり意味がありません。 理想を言えば、地元に密着した不動産業者がいいでしょう。

 

ただ、都合よくそのような業者がいるとは限りません。 現代はインターネットを利用して、日本全国の不動産査定を行っている会社も少なくありません。 まずは、無料査定を受けてみましょう。

 

その後の営業への対応は無視すればいいでしょう。 不動産査定で提示される金額は業者が転売しても利益を出せる金額の場合が多いでしょう。 つまり、業者の利益分だけ低い価格になるのです。 買い手と直接交渉することができるなら、それが一番双方にとって得となります。

 

rainha-rie10.hatenablog.com 

rainha-rie10.hatenablog.com 

rainha-rie10.hatenablog.com

公式サイト

https://bonitapraia.com/

facebook

https://www.facebook.com/bonitapraia/