読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

宅建試験の合格率と不動産取引との関係って?

f:id:rainha-rie10:20160613131137j:plain

宅建試験の合格率と不動産取引との関係って?

国家資格として人気の宅建の試験勉強の方法について お話してきました。なんども言っていますが合格するのは2割です。とはいえ合格率は本当にそうなのでしょうか。そんなに難しい試験をなぜみんな受験するのでしょう。

それには理由があります。受験する人数と関係があるのです。それについては宅建試験の合格率を読んでいただければ理由がわかります。

宅建に合格するには独学で勉強しますか?それとも通信ですか?申込が近づいています。まずはご自身で確実に短期間でも合格できる方法を見つけましょう。

rainha-rie10.hatenablog.com

 

宅建と不動産取引

 不動産取引は毎日、日本のどこかで行われています。 それだけ身近な取引ですがトラブルも多いのです。 不動産取引がスムーズに進むように決められた手順を守ることが大事です。 その作業を行うのが宅地建物取引士です。 いわゆる宅建です。

 

最近では宅建士と呼ばれるようになりました。ここでは馴染み深い「宅建」でお話します。宅建は試験を受けて合格しなければなりません。 試験の準備として通信教育を利用する人が多いようですが過去問の参考書を購入して独学で勉強することも可能です。

 

ただ、これまで試験を受けていないのであれば、通信教育を申し込んで確実な合格を目指すべきでしょう。 宅建の受験者は毎年20万人前後です。 簡単そうな試験と思うかもしれませんが合格率は高くありません。

 

なんどか前回までにお話しましたが合格率は意外にも低くて受験者の 2割です。勉強をあまりしないで、まぐれで合格することは決してないと言えるでしょう。 また、過去問だけをやっていても、毎年出題範囲が変わりますから万全とは言えないでしょう。

 

逆にこれまで出題されていない範囲を勉強しておくと言う考えもあります。 いずれにしても宅建の試験の傾向を知っておくことは損にはなりません。 宅建の資格がなくても不動産会社に入社することはできます。

 

ただ、宅建の資格を持っていると特別手当をもらえる会社が多いとも聞きます。 これから就職を考えている人は事前に確認しておくといいでしょう。 宅建の資格を持つ人は毎年増加していきますから、いずれは飽和状態となります。

 

そのころには今のような人気はないでしょう。 宅建を取っても不動産取引の仕事をしない人もいます。 自社の建屋の管理などにも役立つ資格だからです。不動産はこれからもなくならない業界です。

 

就職や転職に悩んでいるかたにはこの機会に宅建という国家資格を目指してみませんか?勉強のやりかた次第では合格も夢ではないのです。あなたも宅建にチャレンジしてみましょう。

 

宅建試験の合格率

国家資格の試験は人気が高いわりに合格率が低いことが指摘されています。 それほど難しい試験なのでしょうか。 宅建も国家資格ですが、その受験者数は20万人を超えています。 そして合格率は2割未満となっているのです。

 

かなり難しいイメージですが本当にそうなのでしょうか。 インターネットを調べてみるとわかりますが、この合格率と難易度はかなりかけ離れています。 つまり、受験者20万人のうち5万人程度は試験を受けていません。

 

願書は出したけれどもほんどん勉強をしていないため、合格の見込みがないと始めからあきらめてしまうのです。 不動産会社などでは宅建を持つことが必須と考えていますから、新入社員のほとんどに強制的に受験させるのです。

 

 

知合の不動産会社の社長さんは実務経験はかなりあるものの宅建の資格を持っていません。不動産業は社長に資格がなくても社員の人数に応じて数名が資格をもっていればできる仕事だからです。

 

新入社員とともに毎年勉強もせずに宅建を受験している社長さんも実際にいらっしゃいます。もちろん、何とか受験をしたとしてもそんなやり方では合格を期待することはできないのです。

 

その結果として2割の合格ですから、きちんと勉強した人には難しい試験ではないのでしょう。 これを読んでいるあなたがどのレベルなのかはわかりませんが、宅建が難しいと言うのは誤解であると考えてください。

 

また、受験資格は制限がありません。 年齢、学歴、国籍などの制限はないのです。 中学生や高校生など資格に興味を持っている人が受けるケースもあるでしょう。 通信教育を受ければ合格できると思っている人もいます。

 

塾でも通信教育でも自分が勉強しなければ合格することはありません。 合格率を気にする必要はなく自分がどれだけ勉強したかが重要です。 もう一度、自分のレベルを確認しましょう。

 

 宅建試験とLEC

LECは通信教育講座を提供している会社です。 同じような会社はたくさんありますからどこを選べばいいか迷ってしまうこともあるでしょう。 宅建の試験も同じです。 初めて宅建を受ける時には試験の内容もわからないでしょう。

 

不動産会社に勤めている人は会社の上司から宅建を受けるように言われることでしょう。 LECの会社について紹介しましょう。 通信教育の選び方のポイントはどこにあるでしょか。

 

それぞれのホームページを読んでもわかりません。 比較サイトを参考にするのもいいですが、その実態はアフィリエイトサイトです。 要するに有効な情報を得ることは難しいと言えます。

 

できることなら資料を請求して自分の眼で確かめましょう。 東京リーガルマインドがLECの正式名称です。 宅建以外の資格試験もたくさんの講座があります。 インターネットを利用した勉強法が一般的でしょう。

 

LECの特徴はWeb学習システムです。 時代を先取りしたシステムと言えるでしょう。 通信教育ではありますが、教師の説明を塾で受けている気分になります。 もちろん、Webだけではなく、いろいろなメディアを使用して授業を受けることができます。

 

おすすめは音声ダウンロードです。 講師の説明を聞くだけですが、電車通勤などの時間を利用していつも勉強することができるでしょう。 いずれにしても、システムをうまく活用して自分の生活スタイルの中に宅建試験の準備を取り入れるのです。

 

ずっと以前はカセットテープが販売されていました。これは宅建民法などの法令が広い分野に渡って出題されるために考えだされた勉強法でした。それが段々と進化してきています。

 

 

LECのほかにもWeb学習システムを取り入れている塾や通信教育があります。ネットで検索してみてはいかがでしょうか。あまり予算をかけずに短期間で宅建に合格したいという方には向いています。

 

勉強はなかなか1人では進まない。本を読むと眠くなる。などと考えている方はこうした時間をうまく利用できるシステムを使いましょう。そうすれば合格は着々と確実なものとなります。 そして資格を取ってからの身の振り方を考えておきましょう。

関連する記事はこちら↓です!!

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

公式サイト

https://bonitapraia.com/

facebook

https://www.facebook.com/bonitapraia/