読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

中古住宅の情報や家の売却の査定価格はどこの不動産業者に依頼すればいいのか。

f:id:rainha-rie10:20160520111654j:plain

中古住宅の情報や家の売却の査定価格はどこの不動産業者に依頼すればいいのか。

 

家の売却についての最終回です。

前の記事はこちら↓です!!  まずはこちらから読んでいただいてもいいですし、そのままスルーしていただくと今回の内容をよんでいただくことができます。

rainha-rie10.hatenablog.com 

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

前回、前々回からのつづきになりますが、興味のある方はどこから読んでいただいても十分に理解いただける内容になっています。

 

家の売却の注意

家を売却する時の注意事項です。不動産関係に詳しい場合は別ですが、一般的には不動産業者に家の売却の手続きを依頼することになります。つまり、どこの不動産業者を選ぶかがポイントとなります。

 

業者を選ぶ前に査定をしてもらいましょう。査定は高い方がいいに決まっていますが、業者によってばらつきがあるかもしれません。突出して高い査定金額を提示した不動産業者は警戒しなければなりません。

 

査定額はその金額で売れることを保証しているわけではありません。多くの人が勘違いする点ですから、注意が必要でしょう。査定額は不動産業者からの販売価格の提案と受け止めてください。

 

この金額ぐらいで売ればいいだろうと言うことです。近所の物件との釣り合いを考えることも大切です。不動産には相場がありますし、立地条件によって変わってきます。家の状態も無視できません。

 

ただ、査定額を正確に算出することだけを重要視することも意味がないでしょう。買い手が現れて、交渉によって決まるからです。必要以上に安い金額で売却することがなければいいわけです。

 

家の売却で儲けようと考えるのは止めた方がいいでしょう。必要があって売却しようとしているはずですから、売れるだけで良しとしなければなりません。もちろん、投資を考えて売却している場合は全く違った観点から見なければなりません。

 

普通の人が家を売却することはほとんどありません。人生の中で一度きりと考えていいでしょうから、失敗しないようにしたいものです。

 

不動産業者の比較

不動産業者に家の売却を前提とした査定を依頼してみませんか。複数の業者に依頼するのが一般的ですが、一括して査定をしてもらうサービスがインターネットにはたくさんあります。

 

ここで気を付けなければならないのは、家の査定金額が高ければいいのかと言うことです。不動産会社が査定をする時、一般的な相場から素直に査定をする場合と、営業面からの配慮を加えた査定金額を出す場合があります。

 

査定金額が高い不動産業者がいいと単純に判断してはいけません。最終的には自分で判断しなければなりませんが、他の業者よりも明らかに高い査定金額の場合は、避けた方がいいのかもしれません。

 

それではどのように不動産業者を選べばいいのでしょうか。不動産会社がどのような会社かを知ることも大切です。査定金額とは売却価格ではありません。買主がいて初めて価格交渉が始まります。

 

価格だけではなく、支払い条件なども重要になるでしょう。不動産住宅情報サイトのスマイティならインターネットから簡単に一括査定を申し込むことができます。査定を受けるとギフトカードプレゼントキャンペーンなどを行っているサイトもあります。

 

ただ、インターネットだけの査定ではなく、現地で自宅をチェックしてからの査定となります。もちろん、家の中まで見れば、査定の金額もかなり信頼できるものになります。

 

また、スマイティが査定を行うのは優良企業ばかりですから、契約の時に心配する必要はありません。売主の情報もしっかりと管理されており、秘密保持も安心です。

 

中古住宅の市場

中古住宅市場の動向を知れば、家を売却する時の価格が高くなるかどうかある程度予想が付きます。借金を返せなくなって、仕方なく家を売却しなければならない場合はどうしようもありませんが、売却のタイミングを逃さないようにしなければなりません。

 

家を売却する場合、中古住宅の需要が高ければ、売却価格は高くなります。現代の日本においては中古住宅やリフォーム市場が活発化する傾向にあります。これは不況が続いているため、新築住宅が低迷しているからです。

 

中古住宅市場は国の政策なども絡んできます。また、単に中古住宅と言うことではなく、どのような住宅が求められているかが重要です。老朽化した住宅であれば、買主が補修をしなければならないことでしょう。

 

また、家具などの購入も必要ですから、家の価格だけで済むわけではありません。売却をせずに賃貸住宅にすると言う選択肢もあります。転勤などでやむなく早急に引越しなければならない場合などは一度賃貸にするという選択肢もあります。

 

いずれにしても不動産業者が、その状況をよく把握しているかどうかを確認しましょう。市場を知らずに商売をしているような不動産業者とは契約してはいけません。相場を無視した査定価格で提示することもよくあります。

 

高い価格を設定すると、いつまでも売れずに、最終的には価格を下げていくことになります。売主にとっては何のメリットもないでしょう。住宅関連の情報はいろいろなところで調べることができます。

 

国が発表している経済指標の中にもありますし、一般の新聞やインターネットで検索してみるとわかるでしょう。

 

家の売却情報の検索

不動産売買の情報は大手不動産会社のサイトを参考にするとよくわかるでしょう。インターネットで検索してみるとたくさんの情報が出てきますが、その信憑性を確認しなければなりません。

 

大手不動産販売のサイトを見てみましょう。家の売却情報として、相場を知ることができます。県別、地域別で検索できますから、その信頼性は高いと考えていいでしょう。自分の家を売却するのであれば、近所の相場がわかると非常に便利です。

 

もちろん、物件の内容によって、査定額は変わってきますが、ある程度の目安にはなるでしょう。一般的には査定額は思ったよりも安い場合が多いようです。それは、住宅の老朽化によって、補修なども必要となりますから、その分の買主の予算を考慮しなければならないからです。

 

また、不動産会社と媒介契約を結ぶと、仲介手数料を支払わなければなりません。売却額から一定割合を引かれてしまいます。家の売却の目的はローンなどの借金の返済が多いのですが、ごく一部の人は投資的意味合いから売却を考えている場合もあります。

 

そのような物件は特別ですから、金額の参考にはできません。検索サイトでは住宅の条件で区分けされています。マンション、一戸建て、土地のみ、事業用などです。それぞれ、求めている買主のタイプが違います。

 

一つの不動産会社だけでたくさんの物件を持っているわけではありません。複数の業者を検索してみて、できるだけ多くの情報を入手するようにしましょう。

 

家の売却の相談

家を売却する時は不動産会社に依頼することになります。どこの不動産会社に相談すればいいかわからないことが多いでしょう。不動産会社を選ぶ時のポイントはたくさんの情報を提供しているかどうかです。

 

正しい情報と豊富な実績がわかれば、信頼できるかどうかわかるからです。例として、不動産売却のイエステーションのサイトを見てみましょう。イエステーションのサイトは不動産売却相談室があります。

 

たくさんの事例が具体的に記述されています。その中でも失敗談と成功談があります。それぞれの事例から学ぶことはたくさんあります。多くの人の悩みは住宅ローンの返済が苦しくなっていることです。

 

ローンの返済ができずに、家を売却することになるのです。ただ、単に売却するだけであれば、ローンだけが残ってしまいます。このような事例では不動産会社がいろいろな対策の相談に乗ってくれます。

 

まずは相談してみることが大切です。もちろん、相談しただけでは契約しているわけではありませんから、別の業者を選ぶこともできます。ただ、親身になって相談に応じてくれるかどうかは担当者の反応を見ればわかることでしょう。

 

会社の規模や知名度だけで不動産会社の中身はわかりません。あなたが住んでいる地域の実情をよくわかっている業者に依頼しなければなりません。インターネットが普及して、全国展開している会社も多いのですが、実際の物件は地元の業者に任せているケースもあります。

 

直接、相談してみることが一番でしょう。電話やメール・FAXなどでいつでも対応してくれる業者もたくさんいます。ただし急いで売却したいと思っていると、足元を見られるのでくれぐれも慎重にしてくださいね。

 

 いかがでしたでしょうか。今回は「中古住宅の情報や家の売却の査定価格はどこの不動産業者に依頼すればいいのか。」でした。数回に分けて家の売却についてお話ししてきました。

 

前の記事については上にスクロールしていただくと読むことができます。ご意見ご質問等ございましたらいつでもお気軽にお声掛け下さいね。

関連記事は↓こちらです!!

rainha-rie10.hatenablog.com

公式サイト

https://bonitapraia.com/

facebook

https://www.facebook.com/bonitapraia/