読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォームのボニタプライアの女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・建築・インテリアを中心にお話します。

初めての家の売却での問題点・手続き・売却価格

f:id:rainha-rie10:20160518114331j:plain

初めての家の売却での問題点・手続き・売却価格について

 

前回に引き続いて家の売却のお話です。前の記事はこちら↓です!!

rainha-rie10.hatenablog.com

家の売却の事件

家の売買は人生における買い物の中でも一番大きなものではないでしょうか。 数千万円の金額の契約を個人単位で行うのです。 家の売却を巡る事件は、お金の大きさから発生するケースがほとんどです。 時には詐欺もあります。

 

これらの事件に巻き込まれるのを防ぐためには信頼できる不動産業者を見つけることから始めなければなりません。 家の売却のために査定してもらいますが、何も考えずに一番高い金額を付けてきた業者に依頼することは止めましょう。

 

その不動産業者がどうして高い金額を出せたかを考えることです。 自分の営業成績を上げるために、売れないような高い金額を設定しているケースも少なくありません。 もちろん、これは違法ではありません。 信用するかどうかはあなた次第です。

 

インターネットの普及によって、様々な情報が入ってきます。 家は高く売らないと損だと考える人が増えていますが、相場を知らずにいる場合がほとんどです。 得をしたと思っていても、実は墓穴を掘っている可能性が高いでしょう。

 

目先のことばかりを見るのではなく、周りの状況を見る癖を付けましょう。 このような考え方は家の売却に限ったことではありません。 通常のオークションや通販サイトでの売買も同じことです。 相手のことをよくわからずに信頼してはいけません。

 

不動産売買の場合は、国内で現物を見ながらの契約ですから、インターネット上の売買に比べてリスクは少ないかもしれません。 ただ、金額が大きいですから、騙された場合のショックも大きくなるでしょう。

 

家の売却の手続き

あなたが家の売却を考えているならば、まずは不動産業者に相談することから始めましょう。 もちろん、知り合いの不動産業者がいれば、すぐに依頼することができるでしょうが、普通の人は不動産に関わることがほとんどありませんから、どの業者に依頼すればいいかわからないでしょう。

 

家の売却には手続きが必要です。 法律、税金、その他支払いに関することなど専門的な知識が必要となります。 個人でも手続きをすることができないわけではありませんが、現実的ではありません。 不動産業者に手数料を支払わなければなりませんが、それは必要経費と考えるべきでしょう。

 

家の売却で注意しなければならないのは住宅ローンが残っている場合です。 売却した費用でローンの清算をすることになりますが、売値によってはローンが残ってしまうこともあります。 何のための売却なのかを明確にしておくことが大切です。

 

また、土地の権利書や建物の図面など手続きに必要な書類を集めましょう。 売却の金額を査定する時に、土地の立地条件が重要となります。 つまり、高く売れる物件なのかどうかと言うことです。 不動産業者の査定は、転売することを前提としています。 そのため、高く売れる物件であれば、高値が付くことになります。

 

近所の不動産物件の価格を調べておくと比較しやすいでしょう。 不動産業者と媒介契約を交わしたら、後は業者に任せておけばいいでしょう。 ただ、あまり売値を高く設定しておくといつまでも売れないと言う状況も発生します。

 

家の売却の問題

離婚に伴う家の売却の相談が増えています。 家を購入する時に夫婦の共有財産としている場合が多く、離婚によって共有財産の処理が問題となるのです。 家を売却することに双方が同意すれば問題はありませんが、ほとんどの場合、一方が売却に反対しています。

 

売却してしまうと住む家がなくなってしまうのですから、当然のことでしょう。 夫が家を出て行って、子どもと妻が家に残るケースでは、ローンの残りを夫が慰謝料代わりに払うケースが多いようですが、離婚の原因となった借金があれば、いずれ支払いが滞ってしまうでしょう。

 

競売などの事態になる前に、弁護士に相談すべきでしょう。 双方が話し合いによって解決することなら、それが一番の解決策です。 お互いが離婚で感情的になっていますから、家の売却はさらに問題を大きくします。

 

人が生活していくためには家が必要ですし、長い間住んでいる家ですから、愛着もあるでしょう。 ただ、売却に至った理由を夫婦で確認し合うことが大切です。 もっとも、話し合いができないことが多いため、弁護士を間に立てることになります。 家庭が崩壊すると家も崩壊してしまうのでしょう。

 

あなたが同じような状況になっているなら、インターネットで情報を収集してから弁護士に相談しましょう。 個人レベルで解決できる問題ではありません。 家の売却は高額になるからです。 いずれにしても放置しておくことは状況が悪化するだけですから、早めの解決を目指すことを忘れないでください。

 

初めての家の売却

初めての家の売却と言う人がほとんどでしょう。 転勤や家の事情がなければ売却することもないからです。 一生に一度の大きな買い物が家です。 家を売却する時の手続きや注意事項について、よく知っている人はほとんどいません。 不動産業者に相談すれば、積極的にアドバイスしてくれることでしょう。

 

しかし、初めてですから、わからないことばかりで、不動産業者の言いなりになってしまう危険性があります。 良心的な業者ならいいですが、この業界では詐欺などの事件も少なくありません。 知人に詳しい人がいれば、まずは相談してみましょう。 知人がいないなら、インターネットで調べてみることから始めましょう。

 

現代は簡単に多くの情報を入手できるようになったのですが、本質的なことがわかっていなければ、情報の意味を理解することができません。 結果的に売却で損をしてしまうことになります。 業者に相談する前にインターネットで予備知識を入れておきましょう。

 

そして、相談する内容を紙に書いて、自分なりに理解することが大切でしょう。 基本的な考え方はできるだけ高く売ることですが、いくらなら満足できるかを考えてください。 売却によって入ってきたお金をどう使うかを考えましょう。

 

もちろん、購入した時以上の金額で売ることはできません。 土地の価格が変動していますし、家も老朽化しているでしょう。 売却するために時間的余裕があるかどうかも重要なポイントですね。 ただ、急いで契約をするのは失敗の元ですからおススメできません。

 

家の売却価格

家の売却で気になるのは価格でしょうか。 不動産業者に家の売却を相談する時には、まず査定額を提示してもらいましょう。 複数の業者に依頼すると、査定額にばらつきがあることがわかります。 その理由は何でしょうか。

 

不動産業者の査定は転売することを想定して、算出されます。 つまり、相場の価格に近いと言うことでしょう。 同じ家でも経済状況や周辺地域の環境の変化によって売却価格は大きく変わります。

 

これからの発展が見込める家なら相場よりも高く査定されるでしょう。 自分で売却価格の相場を調べることができます。 それは不動産取引価格を検索することです。 実際に販売されている不動産のデータベースです。 自分の家の近所がいくらで売られているかを調べてみましょう。

 

もちろん、家の状態や傷み具合によって売却価格は大きく変わってきます。 こまめに手入れやお掃除をしている分だけ高く売れることでしょう。 家の売却で高く売るためには業者選定も大事ですが、いずれ売るかもしれないと大切に使ってきたかどうかが重要でしょう。

 

例えば壁の汚れ、痛みなどは生活している人によってかなりの差が出てきます。 柱や天井裏の傷み方は直接触ることがありませんから、作った業者の腕にかかっているかもしれません。 インターネットには不動産取引価格の情報があります。

 

これらを十分調べて、自分の家と比べてみましょう。 相場の価格で査定されれば、いずれ買主が現れることでしょう。 ただ、売却を急ぎたい場合には不動産業者が買い取ることもできます。 ケースに合わせて、選択することが大切です。

つづきは次回に〜。

rainha-rie10.hatenablog.com 

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

公式サイト

https://bonitapraia.com/

facebook

https://www.facebook.com/bonitapraia/