子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

トイレの改装で家族全員が気持ちよくなるトイレにするには

f:id:rainha-rie10:20160507121558j:plain

トイレの改装で家族全員が気持ちよくなるトイレにするには

自宅の改装を考えるときに、まずはじめに考える場所はトイレが多いです。小さな空間でありながらも、そこは家族全員が毎日数回は使う場所だからです。小さな空間と言えども寒かったり、掃除がしにくいのは健康にもよくありませんね。

 

トイレの改装にはほかの改装に比べると、日数もかかりませんし、以外と少額な金額でおこなうことができます。思い立ったときにできる部分ですので家族の健康のためにもトイレの改装は考えるときかもしれません。

 

そこで今回はトイレの改装についてのお話です。

トイレの改装と家族   

家族みんなが使うトイレです。 できるだけ快適な空間にしたいと誰もが思うでしょう。 しかし、長年使っていると湿気で床が緩くなったり、汚れが取れなくなったりします。 また、家族が安心して使用するためにトイレの改装は安全性もおろそかにできません。      

高齢者の場合はトイレで倒れたと言う話をよく聞きます。 それには理由があります。 トイレが快適な空間ではないからです。 例えば冬場のトイレは非常に寒いでしょう。 暖房便座もなければ、便器に座っただけで心臓が縮こまってしまいます。      

 

心筋梗塞を起こしてしまうのです。 また、水回りと言うことで床が湿っているため、滑って腰を売ったと言う例もあります。 小さな子どもからお年寄りまで同じサイズの便器を利用するのです。 どこかに無理が来るのでしょう。      

 

トイレをきれいにしておくことは来客の際に大切です。 もちろん、家族が使用する時も気持ちが良いはずです。 最新式のトイレなら、自分で洗浄する機能まで付いています。 また、使用する水の量は最小限に抑えられています。      

 

これからトイレの改装を検討している人は、家族全員が気持ちよくなれるトイレを考えておきましょう。 機能面だけではなく、空間としての快適性です。 もちろん、安全面も改装には配慮しましょう。トイレの改装は施工業者がすべてやってくれると思ったら大間違いです。      

 

施工業者は言われたことだけをやるのです。(もちろん提案はしてくれますが)あなたがどのようなトイレに改装したいかを説明して、それを実現する手助けをしてくれるだけです。 トイレの改装には家族みんなの思いがあるのですから。  

 

トイレの改装とトイレの悩み

トイレは誰でもが必要としていますし、トイレでやることはわかっているはずです。 しかし、自分がトイレを使用することが周りの人に知られることが恥ずかしいと思ってしまう人も少なくありません。

 

友達と旅行に行った時に、トイレのことで悩んでしまうのです。 臭いや音を出さないように気を付けても無理があります。 最近はそのような悩みを解消するためのグッズがあります。 臭いを一瞬で消してくれる薬です。

 

ほのかなミントの香りがしますから、すぐ後に入った人も気にならないはずです。 もちろん、温水洗浄便座などを設置したトイレなら、脱臭機能が付いていますから、このような悩みもなくなるでしょう。

 

トイレの改装を考える時は脱臭機能が必需品です。 それから、音の悩みです。 音を出さずにトイレを済ますことは、かなり無理があります。 我慢してしまうと健康に悪いことは間違いありません。

 

トイレの中でメロディーを流してくれるアイテムが人気です。 これなら誰にも聞こえないでしょう。 トイレは誰もが利用するのですが、周りの人を不快にさせないような苦労をしているのです。 特に女性が悩んでいるでしょうが、男性でも同じことです。

 

自分の家ならトイレの改装をして解決できますが、旅館や友達の家ではどうしようもありません。 悩むよりも便利なアイテムを持ち歩きましょう。 サイズは小さいので鞄に入れていても、まったく荷物にはなりません。 インターネットで調べてみませんか。

 

トイレの改装とトイレの暖房便座

トイレに暖房便座が付くようになってから、お年寄りのトイレでの事故が少なくなったと言われています。 確かに若い人でも真冬のトイレは体全体が寒さを感じています。 便座に座る時の衝撃は誰でも同じことでしょう。

 

お年寄りの場合はそれが直接心臓の衝撃となるのです。 トイレの改装の場合、暖房便座は常識となりました。 もちろん、温水洗浄も同時に取り付けられます。 トイレの改装の時に、電源コンセントを追加するためには電気配線も必要となります。

 

暖房便座に改装するには昔の家ではコンセントがなかったため、改装時の費用がその分余計にかかります。あなたは暖房便座を利用していますか。

 

暖房便座を利用する時の注意点を紹介しましょう。

トイレの改装をしたのちに暖房便座にカバーを付けるべきかと言う点ですが、電気代のことを考えるとカバーを付けた方がかなりの電気代の節約となります。 約20%の節約になるとのデータがあります。

 

また、ふたを閉めることでも電気代を節約することができます。 10%以上の節約になります。 夏場は役に立ちませんが、冬場を快適に過ごすことができる暖房便座です。 現代では誰でもが必要としているアイテムです。

 

トイレを快適な場所にするために、経費を節約することはおすすめできません。 それはトイレの快適さが日常生活の質を高めてくれるからです。 トイレを利用しない人はいません。 それは年齢に関係ないのです。

 

健康管理のためにトイレの使用状況をチェックしている人もいます。 最新のトイレは排泄物から体の異常をチェックできる機能が付いているものもあります。便利な時代になりましたね。

 

トイレの改装とトイレの節水  

最近のトイレの特長として節水タイプが増えてきたことが上げられます。 節水タイプと通常のトイレはどのように違うのでしょうか。 これから改装を考えている場合、節水トイレにすべきなのでしょうか。

 

これまでのトイレとは1990年代に販売されていたトイレのことですが、1回の洗浄で13〜20リットルの水を使用していました。 しかし、現代の節水トイレはわずか4リットルの水で済ませられるのです。

 

節水トイレに改装すると、4人家族で計算すると年間でお風呂250杯分に相当する量の節水ができることになります。 もちろん、家族構成が変わればもっと差が付くことになるでしょう。 それでは4リットルの水だけで洗浄はできるのでしょうか。

 

洗浄の方法が変わったのです。 少ない水でどうすればきれいに洗浄できるかをメーカーが研究した結果が、その数字に表れています。 水を少なくして洗浄できなければトイレを改装する意味がありません。

 

洗浄する時に水が渦を作るようにします。 便器の構造を渦ができるようにするのです。 そうすると少ない水で洗浄力を高めることが可能になります。 すべてのメーカーが同じような仕組みを作っています。

 

トイレを改装をする時に便器のメーカーをどこにするか迷ってしまうかもしれません。 しかし、節水タイプのトイレならどこのメーカーも同レベルの性能があります。 後はデザインやその他の部分で差を付けているのです。

 

トイレ掃除が簡単になるような工夫もされています。 トイレの改装には悩むところですが、各メーカーで研究されています。メーカーによっては掃除そのものをしなくて済むようになったトイレもあります。トイレを改装を考えるときの参考になりますね。

トイレの改装で家族全員が気持ちよくなるトイレにするには

いかがでしたでしょうか。今後の参考にしてくださいね。

関連記事はコチラです↓

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

公式サイト

https://bonitapraia.com/

facebook

https://www.facebook.com/bonitapraia/