読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

春からの一人暮らしの始め方とポイント【必要なもの編】

f:id:rainha-rie10:20160318152657j:plain

【一人暮らしに必要なもの】

大学生や社会人となって初めて一人暮らしを始める人は少なくありません。一人暮らしで必要なものを考えてみましょう。自分の一日の生活をイメージしてみればいいのです。もちろん、自分一人で準備することは難しいでしょうから、両親から買ってもらわなければなりません。

 

朝起きた時、布団に入っているでしょうか。ベッドでしょうか。寝具は必要なものですがベッドは好みで購入してもいいでしょう。それから、テレビ、インターネット環境、冷蔵庫、洗濯機、掃除機、テーブルなどが必要なものとしてあげられるでしょう。もちろん、人によって必要なものは違います。

 

生活習慣や日常の暮らし方で大きく変わってきます。食事は外食を基本としている人でも、夜中にラーメンなどを作って食べたくなることもあります。一人暮らしの始めは必要最小限にとどめておいて、必要になった時点で買い足すことをおすすめします。料理道具を購入してもほとんど使用しない人も少なくありません。

 

未経験の一人暮らしは希望ばかりではなく不安もあることでしょう。それでも、誰でもが経験することですから、何も問題はありません。時には困ることもありますが、何とかなるはずです。お金がかからないような生活を送ることがポイントです。いまはインターネットでたくさんの情報を収集することができます。準備をする前に読んでみると参考になります。

 

現代の若者にとって、必須アイテムはスマホですから、それとお金だけあれば何とかなることでしょう。

 

【 一人暮らしのポイント】

一人暮らしのポイントはいくつかありますが、その中で注意しなければならないことを考えてみましょう。必要なものをそろえることは大事ですが、何が必要なものでしょうか。必要なものは必要になった時に購入することを心がけます。その理由は一人暮らしでいろいろとやろうと思っていても、実際にはほとんどしないことも少なくないからです。

 

例えば、食事です。自炊をしようと思って料理道具をたくさん購入する人も多いのですが、すぐに面倒になってしまいます。ほとんど外食になるのです。水を飲むにしてもコーヒーカップ一つあれば足ります。毎日の食事のための道具はほとんど出番がありません。初めての一人暮らしだと、いろいろな夢があふれてくるのです。しかし、先に買ってしまうと不要になった時に処分に困ります。

 

まず、寝具と浴室、トイレで使う必要な道具を購入しましょう。それはどのような状況でも必要なものです。実際に一人暮らしを始めてみると、いろいろなものが必要になってきます。自宅ならお母さんが購入していたものもたくさんありますが、一人暮らしでは自分で準備しなければならないのです。また、生活を始めていくと気づかなかったものが必要になることもあるでしょう。

 

どうしても必要なものなら購入すればいいのです。しっかりとポイントを押さえてください。インターネットで調べてみると一人暮らしに関する情報はたくさんあります。ただ、それらは参考になるだけです。送料無料で安く買うこともできますね。しかし実際には自分の場合にはどうかと言う観点から考えなければなりません。不要なものを購入しても邪魔になるだけでしょう。

 

 【一人暮らしの経験】

一人暮らしを経験すると、生活力が付くと言われています。それまでは親が何でもやってくれていました。それをすべて自分でやらなければならないのです。もちろん、一人暮らしをしないと人間として成長できないと言うことではありません。人それぞれの考え方次第でしょう。要はどう一人暮らしをおくるかで違います。

 

自宅で親と一緒に住んでいても、しっかりとした考えをしている人はたくさんいます。また、一人暮らしをしているけれども、他の人にかなりの部分をお世話になっている場合もあります。いずれにしても経験することで何かがプラスされると考えていいでしょう。

 

さて、一人暮らしをするには必ずお金が必要です。生活に必要なものを購入しなければならないからです。また、消耗品なども自分で購入します。自宅では必要なものを購入するのは自分ではないかもしれません。仕送りだけで生活する学生さんもいますから、経済的な自立と一人暮らしは関係ないと言うことです。

 

自由を求めて一人暮らしを始める人は少なくありません。しかし、現実は厳しいことばかりです。人は経験することで大きくなっていくのです。大学生になって、親元から離れて暮らすことに開放感を感じる人は少なくありません。結婚した時にこの経験が活かせるかどうかはわかりません。結婚しない人もいます。

 

ただ、生活力を高めるためには自分でやることなのです。それは一人暮らしでなければならないわけではありません。インターネットで一人暮らしの経験に関して意見交換をしているサイトを読んでみたことがあります。みんないろいろ考えているのです。

 

【一人暮らしの始め方】

一人暮らしを始める時に何を準備すればいいのでしょうか。必要なものを考えてください。一般的に男性、女性どちらも家事全般ができるようになると言われています。自宅ではお母さんがいるため、自分はしなくていいと思っている人が多いのでしょう。もちろん、自宅でしっかりと家事を手伝っている人もいます。

 

一人暮らしがどのような影響を与えるかは人によってかなり違います。しっかり生活力が付く人もいれば、自由気ままに暮らして自堕落になる人もいます。さて、一人暮らしを始めるためには必要なものを準備しなければなりません。何が必要なものでしょうか。いろいろあります。

 

自宅で使っていたものをそのまま持っていける分もありますが、新しく購入しなければならない物もあります。じっくり考えましょう。慌てて購入する必要はありません。本当に必要になってからで十分です。それも自分で考えた方がいいですね。学生時代はお母さんが何でもやってくれたことでしょう。それをすべて自分でやるのです。

 

面倒だと思うことはたくさんあります。自分でしなくて済む方法を考える人もいます。食事はすべて外食や持ち帰りで済ますのです。それならば食事の準備も片付けもほとんどありません。気合を入れ過ぎて空回りしてしまうこともあるでしょう。自分に合わせたペースで一人暮らしを始めてください。始める時には親から資金を出してもらうことになるでしょうが、その後は自立しなければなりません。

 

【一人暮らしの費用】

誰でも毎日食事をして、睡眠を取らなければなりません。そのための場所が必要です。親と一緒に住んでいる時には気にしていなかったことでも一人暮らしを始めるといろいろとたいへんです。お金も必要になります。具体的にどのくらいの費用がかかるのでしょう。

 

もちろん、個人によって必要なものは違いますから、できるだけ節約しようとすれば1万円生活も不可能ではありません。しかし、健康を損なっては意味がありません。病院代で余計な出費が増えるだけです。アパートの家賃は避けられませんが、電気代、インターネット代、水道代など必要なものを仕分けすることが大切です。

 

家電製品をたくさん買いすぎると電気代が上がってしまうでしょう。一人暮らしで重要なのは何が必要なものかを見極めることです。もちろん、初めての経験であればわからないことばかりです。自分でやらないなら道具は必要ありません。多くの大学生が自炊をしようと思って一人暮らしを始めますが、すぐに外食に頼ってしまいます。

 

都会と地方ではアパート代はかなり違いますが、家電製品などは通販サイトで購入すれば同じ金額です。もちろん、アルバイトの時給も違います。トータルすればほとんど変わらないと言われています。経済的に親から自立するためには自分のアルバイト代だけで生活することです。

 

学費は援助してもらうとしても、それ以外の生活費を稼ぐのです。費用がいくらになるかを調べるのではなく、体で感じることが大切です。1万円はどれくらいの労働で手に入るかを知るのです。

 

【一人暮らしを始める】

一人暮らしを始めるために何をすればいいでしょうか。インターネットを調べてみればたくさんのアドバイスを得ることができます。しかし、理想的な一人暮らしはわかるのですが、それを自分が実践できるかどうかを考えてみることから始めてください。生活するために必要なものは誰でも同じです。

 

また、引越しをする前に必要なものと引っ越しをした後で必要になってから準備すればいいものがあります。一度も一人暮らしをしたことがない人には、それをしっかりと区別することは難しいでしょう。引越しをする前にしっかりと準備をすることが大切です。

 

慌ててしまうと不要なものを購入してしまったり、買いなおさなければならなかったりします。無駄な出費となるのです。引越しの準備にかかる期間はおおよそ見当がつくでしょう。まずはアパート探しからです。手続きなどがすべて終わらなければ、部屋に入ることはできません。

 

自宅からアパートまで距離が近ければ、忘れていたものは後から運べばいいでしょう。暮らし始めてから必要なものを考えればいいのです。お風呂、トイレ、ベッドがあれば、まずは生活できます。そこから考えましょう。あまり難しく考えても無駄と言うことでしょうか。

 

大物家具や家電はアパートの間取りや寸法に合わせて購入しなければなりません。そのためにはしばらくそこで生活してみることです。テレビや冷蔵庫などを置く場所が見えてきます。それから寸法をチェックして、購入することがポイントです。

 

【一人暮らしの情報】

インターネットにはたくさんの情報があります。一人暮らしを始める人のための情報も簡単に入手できるでしょう。その中から、自分に必要なものをチェックするのです。すべての人に当てはまることがらと、人によっては違った方法を考えるべきことがあります。それを的確に区別することができればいいのですが、一人暮らしを経験していない人には実感できないことが少なくありません。

 

特に大学入学が決まって、初めて一人暮らしを始める人は自分でお金を稼いだ経験もありません。生活費を節約することが実感として理解できないのでしょう。インターネットの情報から、それらの注意点は知ることができます。もちろん、親と一緒に住んでいる人が生活感を持つことができないわけではありませんが、一人暮らしをすることによって世界観が広がることは間違いないでしょう。

 

引越しをする期日は決まっていますから、そのための準備を早目にしておく方がいいことは確かです。注意しなければならないことは引越しをした後で購入した方がいいグッズもあることです。特に大きなものは引越し先で置き場所を決めてから、購入の検討をしてください。大きすぎて入らないとか、扉が当たると言ったこともよくある話です。

 

新しい家に住むとこれまで気づかなかったことが見えてくるのです。それを成長と呼ぶべきかどうかは異論があるでしょう。それでも当人にとってはいい経験です。ただ、無駄な出費だけは避けたいものです。ネットからの情報チェックで必要なものがわかります。

  

【一人暮らしと賃貸】

 賃貸マンションやアパートは探せばたくさん見つかります。しかし、都合よく自分が希望する物件があるとは限りません。一人暮らしをする時には早目に物件探しをしましょう。アパートが見つかってから契約書作成などの手続きが必要です。部屋の間取りなどは事前に下見をしているかもしれませんが、冷蔵庫や洗濯機などの購入は慌てないことです。しっかりと寸法を確認してから購入すべきでしょう。

 

一人暮らしに必要なものはたくさんありますが、すぐに必要なものは限られています。冷蔵庫やテレビがなくても1週間程度は我慢できるでしょう。しばらく我慢していると買わなくても済むかもしれません。親と一緒に住んでいると何でもあるのが普通だと思っている人は多いのですが、自分のお金で購入しないと手に入らないものがたくさんあることにあらためて気づくのです。

 

賃貸物件を取り扱っている不動産業者もたくさんあります。どこを選べばいいかは未経験者にはわかりませんから、あまり考えすぎないことです。いい物件は早目に押さえておきましょう。引越しのシーズンになると物件探しをする人が増えてきます。一人暮らしが確定しているなら、早目の行動がいいでしょう。

 

4月から通う学校や会社からの距離も重要です。交通機関もチェックしましょう。間取りと場所が物件の良し悪しを決めるポイントです。後で購入すればいいものは本当の意味での必要なものではありません。どうしても必要性を感じた時に検討してください。

 

いかがでしたか?一人暮らしといっても考えなければならないことはたくさんありますね。でも、生活するにはむかしとちがって便利な世の中です。あせらずに生活を始めてからでも十分間に合うことも多いです。ヒントになりましたでしょうか?

 

次回はこの続きをお話しますね(*^^*)

 

rainha-rie10.hatenablog.com

 

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

ボニタプライアは新潟でリフォームを女性建築士が提案します。 

bonitapraia.com

新潟でリフォームならボニタプライアの女性建築士がご提案いたします

・無料見積もりフォーム

公式サイト⇒https://bonitapraia.com/

facebookhttps://www.facebook.com/bonitapraia/