子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

一人暮らしで必要なものは?100円ショップで?

f:id:rainha-rie10:20160308141818j:plain

春先は一人暮らしを始める人が多くなり時期ですね。多かれ少なかれ、ある程度の年齢になると、一人暮らしの経験はだいたい一度や二度はあるものです。

 

少し前にモンスターペアレントといって、「家に寄生する大人」みたいな人もいましたが、それはそれで、その人の生き方なので、とやかくいうつもりはありません。

 

そうそう、今日は一人暮らしについてです。

一人暮らしで必要なものとは?なんでしょうか。

 

高校を卒業して、都会の大学に進む学生さんが、この時期に一番一人暮らしが多くなるのではないでしょうか。

 

ホームセンターなどで、親子でたくさん洗濯グッズや、調理具などを買っている姿をみかけます。

 

結論から言うと。余計なものを買い与えない・・・です。

 

たとえば、親や実家のわりと近くで、なにかあったらすぐに飛んで行ける距離ならば、いろいろ買いそろえても、親がときどき来てくれて、使ったり、整理してくれるという・・・いわゆる過保護的な感じになるので、道具はあってもいいでしょう。

 

しかし・・・。

 

親元から遠くはなれて、チョットやそっとでは行けない距離に引越して一人暮らしする場合。

 

経験から言うと、家事はしないです。洗濯も頻繁にはやらないです。とくに運動もなにもしていない男の子だったら、なおのことしないです。

 

よっぽどのオシャレなお子さんでないかぎり、頻繁に着替えもしないです。

 

知合の親御さんに聞いたところ、半年して見に行ったら、洗濯機は一度も使用しておらず、ゴミ箱化していたそうです。

 

じゃあ。一人暮らしで必要なものとは?

 

「必要最低限なものがあれば暮らしていけます。」

「足りないものは100円ショップでそろいます。」

 

うちは(息子)体育会系だったので、洗濯しないと着るものがない。食べないと部活についていけない・・・などなどの理由で、なんとかやっていたようです。

 

人間は洗濯などしなくても人は生きていけます。着替えなくても多少の匂いはしても気にならないです。彼氏・彼女ができるころにはきっとちゃんとしますので、ご心配なく。

 

それと、学生さんの場合、高校生活からいきなりの一人暮らしなので、仕送りのお金や光熱費がどのくらいかかるのかの目処がたちません。

 

はじめのうちはシャワーやら、なにやらジャンジャン使ってしまって、大家さんや親御さんをびっくりさせることもオオアリです。

 

そんなことは18才にとっては未知なる経験なので多めにみてあげましょう。いずれわかることです。最初からそう、うまくやれたら親はいらないです^^;

 

一人暮らしをするからといって、普段はあまりさわったことのないもの。先ほど言った家事の道具や洗濯まわりのものは、たくさん買い揃えても使わないです。

 

いまは、100円ショップに行けばたいていのものはそろいます。食器だって気に入ったものを、本人が一人暮らしに慣れてきたころに自分で買えばすむことです。

 

むしろ、最初から親に買い与えられたものは、きっとずっと使いません。足りないものは100円ショップでそろいます。

 

家具もいらないでしょう。寝るための布団かベッドがあればどうにか寒さはしのげるし、暖房もいまはたいていの都会のアパートはエアコンつきです。

 

これから新学期なのに今年の冬のことをいまから心配してもしかたないです。

「ええ〜うちの子寒いとすぐに風邪引くし〜」

 

いやいや〜寒かったら布団があるでしょう。靴下はいて、ホカロンでお抱いてれば〜。

(真冬のことはあとからで十分間に合います)

 

余計なものは買わない。食べるものだって炊飯器とレトルトのおかずでもあればそこそこやっていけます。足りなければ、コンビニに行けばなんでもあるし。

 

タオル・布巾・バケツ・洗剤・たわしなどの掃除グッズなどは、なおのこといらないです。大学卒業時にゴッソリと押し入れにそのまんま使わずに残っていました・・・。

 

掃除機ひとつ使った気配もなかったし・・・。わが家もこれで失敗しました。

 

サラリーマンの方で、転勤や単身赴任の方の一人暮らしの場合は少し違いますね。

知合の奥様は、手造りのお雑菜をタッパに詰めて冷凍していつも持たせているとか・・・エライ!!

 

ある程度の年齢の方であれば、一通りは自分でできる大人の男であれば、学生さんのような心配はないわけで・・・。ほっといても自分で生きていけます。お金あるしね。

 

大学生さんの一人暮らしの場合。はじめのうちは「仕送り命」ですが、学校に慣れる、または友達ができると、アルバイトします。友人宅に遊びにいきます。

 

仕送りで足りない分はなんとかアルバイトでまかないます。飲食関係のアルバイトだったら、そこで食事もでることがあるので、すませてしまうことも。

 

なので、モノはいらないです。「買いそろえない・買い与えない」ことです。

 

必要になったら自分で買います。コンビニ・100円ショップ・・・ホームセンター。

いまは便利な時代になりましたね〜。

 

夜中にお腹がすいて、朝までガマンしなくてもいいだなんて、おばさんの学生時代には考えられないことです。

 

それだけ世の中が平和になったということでしょう。

 

ちょっと書くのが遅くなってしまったので「もうすでに買いそろえてしまった」・・・・という方は。

 

もったいないので、家で使いましょう。そして、彼・彼女らが帰ってきたときに様子を聞いてから持たせる、または送ってあげてもぜーんぜん遅くはないです。

 

覚えていますか?一人暮らしで必要なものとは?

「必要最低限なものがあれば暮らしていけます。」

「足りないものは100円ショップでそろいます。」

 

だからといって、100円ショップの回し者ではありませんよ〜^^;

 

 

これからの一人暮らしが快適に~♪過ごせますように~♪

「衣食住」がそろっていればなんとかなるさあ~。一人暮らし応援しまーーーす!!

 

自炊する人へ〜♡

 

bonitapraia.com

・無料見積もりフォーム

公式サイト⇒https://bonitapraia.com/

facebookhttps://www.facebook.com/bonitapraia/