読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

空き家問題について

リノベーションされた賃貸物件を見るときのポイント

リノベーションと一口にいっても、賃貸物件によってその規模、内容は様々あります。最も一般的に行われるリノベーションとしては、なにがあるでしょう。

賃貸の稼働率アップにつながる「リノベーション」のメリット

リノベーションによるメリットの一番はコスト。二番は稼働率のアップになります。 賃貸物件の場合、オーナーさんが最も気にするのは部屋の稼働率ですね。

空き家問題が深刻化する中「リノベーション」が注目される理由

リノベーションして再利用しようと地域、自治体ぐるみでの活動も盛んになっています。あなたの周りに空き家はありませんか?あそこのおじいいちゃん一人暮らしだけど、身内の人はいるの?

マンションの売却で、少しでも高く売る方法

あなたは現在お住まいのマンションを、手放したいと思ったことはありますか。いろいろな理由で、マンションの売却をする運びになったら、まずしなくてはいけないことがあります。 せっかく買ったあなたのマンションです。少しでもマンションを高く売る方法に…

引っ越しの準備できてますか?手続きはだいじょうぶ?

手続きに数日かかるものもあります。引っ越し当日になって慌てないようにしましょうね。

賃貸で住まいを探すときにはリノベーション物件も検討しよう

リノベーションは、リフォームとは違い、古くなった部屋、物件をきれいに改修しているだけではなく、間取りをいまどきの流行りのものに変えたり、最新設備を入れたりしています。

一人暮らしの物件選びは人任せにしないで‼︎

一人暮らしには物件選びは重要です。賃貸アパートや賃貸マンションを選ぶためには、かならず不動産業者と打ち合わせをしましょう。 ネットでもいいので、めぽしい物件が見つからない時は、メール相談や質問コーナーを利用して自分の希望や意見を送ります。 …

ウォシュレットを取付けるのは面倒って思っていない?

自前でウォシュレットを付けることは可能なのです。 ただ、どのような取り付け方をすればいいかを知っておくことが大切です。

リノベーションがどこまで行われているのか物件を見分けるコツ

賃貸物件を選ぶとき、第一条件として「新築」を希望する人がいます。 中古は古いというイメージを持つ人が多いからですね。

賃貸を自分でリノベーションする場合のポイント

賃貸マンション、アパートでも、原状回復できる範囲でリノベーションすることができます。

リノベーション物件はデメリットもちゃんと知っておこう

リノベーション物件を見るときには、必ず「どこをリノベーションしたのか」工事内容をしっかりと確認しなければいけません。

せっかくオシャレにしても原状回復しなくちゃ〜な賃貸に物申す〜。

最近ではリノベーションして高級感を出して無垢のフローリングにしている部屋も増えています。

リノベーションされた中古物件もいがいといいかも!!その理由って。

賃貸物件を選ぶときの第一条件として「新築」をまっさきに希望する人がいます。 中古物件は古いというイメージを持つ人が多いからです。

中古マンションの水回りをリノベーションするには?

水回りは、数十年も大丈夫なこともあれば、使い方によっては数年で修理をせざるを得ないことなんて場合もあります。

中古マンションを探す時のポイントはなに?

古くても古さを感じさせないマンションは沢山あります。そんなマンションを探すポイントって?

あなたはどんなマンションの購入を考えていますか。

自分が住むマンションについて考えておくことは大切です。 安くていい物件ばかりがあるわけではないでしょう。

新しいものの方が住みやすいと思い込んでいるあなたへ。

人が生きていくためには家がかならずや必要です。 どんな家に住むかは人それぞれの考え方次第ですね。新築のマンションを購入するのに、 高いお金を出すことはできなくても、リノベーションに特価したマンションはいかがでしょう。

インターネットで住んでいる地域の外壁塗装の適正価格を調べてみよう !!

価格が高くて、外壁塗装を先延ばしにする人もいますが、それだけ家の傷みは激しくなります。 海岸に面していたり、風の強い地域はなおさらのこと。

ご近所へ事前に挨拶をしておくことが重要な理由

作業は人手による作業ですから、業者がどれだけ丁寧にやってくれるかが重要なポイントになります。 つまり、外壁塗装は業者選びを考えることにつながるのです。

お休みの日には家の外をぐるりと回ってみよう

日中にお仕事をされていると帰宅は暗くなってからですから気にならない方が多いです。今度のお休みには自分の家の外壁を見てみましょう。

失敗しない外壁塗装の時期と業者選びのポイント

定期的に家の壁の状態をチェックすることが重要なのです。 すぐにでもチェックしてみてください。 失敗しない外壁塗装を考えると言うことは、これまで多くの人が失敗してきた事例があるからです。

それぞれの特徴を理解して外壁塗装の役割を考えるコツ

外壁塗装は単純に費用だけを比較するのではなく、それぞれが持つ特徴を理解して、外壁塗料のどの役割を重視するかを考えてみることです。

真冬の冷たいフローリングの寒さ対策はコレ!!

高齢者や小さいお子さんのいるご家庭や、またはペットのいるご家庭で、お住まいがフローリングの方にはすぐにできる寒さ対策アイテムとしておすすめです。

絶対に効く有効な寒さ対策って本当にあるの?

日本の家屋の特徴でもある「すきま風邪」いくら暖房をつけても、解消できない寒さに頭を悩ませている方も多いことでしょう。

窓際から屋内に入ってくる冷気をシャットアウトするスグレものとは?

窓際からくる冷気を防ぐにはなにがいいのでしょう。暖房コストを下げられる寒さ対策として有効なものって?

「面倒くさい」けど建築のこと知ってたら災害時にはきっと役に立つ

地震でくずれないように。火事で燃えにくいように。建物がくずれたり、燃えても、逃げるまでの時間がかかるように、人の命が救えるように。さまざまな計算をして、建築物は造られています。

いいものを作りたいと考えている工務店はどこを見ればわかるの?

近所の工務店に頼んだら、なにかあったらすぐに駆けつけてくれる。あなたの基準は価格ですか?デザイン?それとも・・・。

周囲に同化しなくて浮いているインテリアって気になりませんか?

インテリアって気になりまじめると止まらなくなりますね。まずはコンセプトを決めて、チグハグにならないように気を付けましょう。

料理のしやすい環境でデザインも素敵なやる気のでるキッチンにしてみませんか。

キッチンという空間が新しく生まれ変わるだけでも、気持ちが新鮮になって前向きに料理を作ることができます。

リフォームのタイプについてはいろいろありますね〜。

リフォームには、ただ修繕するだけでなく、100件の家があれば100通りのリフォームがあるのです。

リフォーム業者には得意不得意のタイプがあるって知ってましたか。

ご自身の予算とリフォーム内容によって依頼するリフォーム業者のタイプを選ぶ様にしましょう。

トラブルが起きた時の責任について確認しておきましょう

家の持ち主が責任を取るのか、業者側が責任を取るのかと言う問題でトラブルになる事も少なくありません。

住まいにリフォームを加える場合[ リフォームローンのメリット・デメリットについて ]

住まいをリフォームするとなったら。ればローンは組みたくないものの、学費や旅費は確保しておきたいところ、リフォームローンのメリットとデメリットって・・・。

住まいをリフォームするなら[ リフォームローンについて知っておこう ]

リフォームをなかなか決断できない理由のひとつは、リフォームにかかる資金不足がありますね。そんな時に手軽に借りることのできるリフォームローンについて知っておきましょう。

以外にお金がかかる「ちょこちょこいじるリフォーム」していませんか?

家も古くなったし、あそこもここも直したい。でも全部やるのはお金がかかるし、まだ大丈夫なところもある・・・こんなお悩みありませんか?

中古マンションのローンを払えなくなったらどうする?

あってはほしくないことですが。せっかく購入したマンションなのに。住宅ローンを払えなくなるケースも。ではどうやって売却したらいいのでしょう。

さまざまな理由で家を売らなければならなくなったとき。

できればせっかく手に入れた住まいは売りたくはないもの。でも、さまざまな理由から手放すことになったら・・・。

不動産を売ったときの税金[ 所得税・住民税などについて ]

不動産(土地や建物)を売ったときにかかる税金には、特例がみとめられているものもあります。

会社からの転任命令でも [ 住宅ローン控除 ]は受けられるのか

これまで、住宅ローン控除では認められなかった転勤などの一次理由も法改正によりしばりがゆるくなっています。どんな手続が必要なのでしょうか

住宅取得等の贈与を受けたときにかかる [ 贈与税について ]

直径の父母や祖父母または曾祖父母からの贈与も対象となります。受ける側は子と孫で所得金額の制限があるので注意ですね。

中古住宅の改修工事をおこなった場合の [ 所得税の特別控除について ]

工事費用が50万円を超える場合や所得が3000万円までに適用されるという要件がありますが、ほとんどの改修工事はこれに該当するのではないでしょうか

住宅を購入して借入をするときの減税 [ 住宅ローン控除について ]

入居した翌年の確定申告で申請し、給与所得の場合、 2年目からは年末調整の際に適用されます。

住宅を取得したら都道府県税事務所に[不動産取得税の特例の申告]をしよう

「取得したあとの購入後」にかかる税金のひとつ、不動産取得税についてお話します。

長期優良住宅や低炭素住宅その他の[登録免許税の軽減措置について]

その他の登録免許税の軽減措置についてすこしむずかしいお話なので計算式を例にあげてお話します。

土地や住宅を取得したときの[登録免許税の軽減措置について]

登記は司法書士に依頼するのが一般的なので、税金を納めているという感覚はあまりないかもしれませんね。

これを知っておくと便利 [不動産を取得したときの税金について]

不動産を取得したときにかかる税金については、課税されるものと軽減されるものがあります。特定の場合には軽減措置もあるので、知っておくと便利ですね。

マンションや中古住宅を購入してリノベーションするポイント

リノベーションについてお話した記事をまとめてみました。

候補を絞って物件を選ぶ5つのポイント

いい物件ほど、どうしようかと迷っているうちに他に先約がついて、買われてしまうことがあります。

工事内容を伝えて中古物件を探す理由とは

中古物件の良質かどうかの見極め方は「買い手であるあなた次第」ということになります。

新築派?リノベ派?あなたはどちらのタイプ?

新しいマイホームの選択肢として中古住宅または空き家を購入して、自分好みに「リノベーション」する方法が注目されています。