子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

水回りリフォーム

キッチンの間取りが不便で料理をするのがすごく面倒ではありませんか。

これまで料理が億劫だった人も、キッチンが新しくなれば作るのも楽しくなりますね。

アフターフォローをしてくれる業者を選びましょう

工事をしたらリフォームは終了と思っている方もいるかもしれませんが、実はその後のメンテナンスがとても重要なのです。リフォーム後は一見キレイになっているかもしれませんが、実際に使ってみておかしいと思う所も出て来るかもしれません。 そういった時に…

リフォーム費用は確保しておきましょう

一大決心をして持ち家を購入したら嬉しいですよね。でもそこからローンが始まっていきますのでしっかりと働いて返していかなくてはいけません。 でもお金がかかるのって家のローンだけではありません。何だかんだで家のリフォームにかかるお金も必要になって…

リフォームをやりたいと思う瞬間はいつでしょう

色んなシーンで家のリフォームをしたいなと思う事があると思います。やっぱり家を持ったならば家に不満を持たないで満足して暮らしていきたいですものね。 家が老朽化してくるとリフォームをしなくてはいけなくてリフォームをしますが、そうじゃない場合でも…

リフォームをしなくてはいけない築年数とは?

家を建てたら「リフォーム」はいつかは考えなくてはいけない事です。特に壊れても老朽化もしていないけれども、デザインを替えたいから替えると言った考えで行うリフォームもありますが。 壊れたり老朽化したりする事で生活に支障をけ出すから直さなきゃと言…

以外にお金がかかる「ちょこちょこいじるリフォーム」していませんか?

家も古くなったし、あそこもここも直したい。でも全部やるのはお金がかかるし、まだ大丈夫なところもある・・・こんなお悩みありませんか?

結婚や育児の経験が活かせる女性が活躍できる建築士という職業について

保育士やって、主婦やって、しまいには建築士って。そんな経験しているってどうなの?でもめったにいないかも。されどモノ造りは楽しい〜。

汚れが目立ちやすい洗面台どうやって選んだらいいの?

顔を洗う。歯磨きする。お化粧をする。ドライヤーをかける。身だしなみを整える。など、洗面台にはさまざまな機能が求められます。だからこそ。

あなたの暮らしにあわせて床暖房を選んでみては?

床そのものが暖房機器なので季節ごとの器具の出し入れがなくて掃除もらくちんです。

工事内容を伝えて中古物件を探す理由とは

中古物件の良質かどうかの見極め方は「買い手であるあなた次第」ということになります。

平屋か2階建てか。リフォームのときに注意することは?

最初に建築したときの図面があるとリフォームのときには大変に参考になります。

それだけウォシュレットと言う商品名のイメージが強い理由って

お尻が気持ちいい商品を選びたいものです。

ウォシュレットは以外にも簡単に取り付けられるって知ってましたか?

ウォシュレットがなくて我慢できますか。我慢できない人もいますね。

あると便利なスグレモノ「◯姫サマ」って?

室内に洗濯物を干すにも高さがないと邪魔になったりしますね。高齢の方もお風呂場に干したり、ストーブの前に干したりして、安全面が心配です。

どこまでできるのか。よりも「どういうふうにしたいのか」が大事な理由

気持よくお仕事させていただくためには事前の打ち合わせや不具合の箇所は「十分にお話を聞く」ようにしています。

暮らしの手帖の『台所宣言』に学ぶ理由

台所は暮らしの工場です 台所は暮らしの心臓です そこで 暮らしをうごかす力が作られ そこから 家中みんなにゆきわたり そして また そこへかえってきます

食事作るのは好きだけど、洗い物が苦手な理由

休みの日はとくに。朝ごはんしかり、昼ごはんも、終わって片付けたと思ったら、もう夕御飯。なので「浸け置き洗いしてるのよ〜」とひとりごとを言ってみて・・・。

疲労回復にいいのはシャワー?それとも湯船に浸かる?

仕事から帰ると真っ先に汗臭さを流そうとシャワーだけ浴びて、冷蔵庫から冷たいビールを「キュッ」と。これがサイコーに気持ちがいいと思っていましたねえ。

大切な人を思うことから始まる仕事されていますか?

一緒に暮らす人のことを思わないと長く一緒には生活できませんね。

とと姉ちゃんの「商品試験」実はリフォームには大切な理由

日々思うことのひとつに。この「商品試験」があります。リフォームと一口に言っても種類は様々だし、内容もひとつとして同じリフォームはないです。

家相に不満をもって「詐欺」にあわないようにする方法

風水」や「家相」ばかりにとらわれて、こういうことばかりを言う業者にだまされて、しなくてもいい工事をした人もいます。

いつ買い換えたほうがいいのか?ちょっとした「裏ワザ」をご紹介。

家電を購入したときは、保証書がついてきますので、それを見れば「いつ購入したか」がわかります。しかし長く使っていたり、引越などで保証書が紛失する場合もあります。

あなたの住んでいる地域は公共下水道が完備されていますか?

まだまだ公共下水道が完備されていない地域は多いです。古くからの住宅密集地でもいわゆる「ぽっとんトイレ」のままで、浄化槽で汲み取りにきてもらう地域です。

自分で家の一部をDIYで造ってみる【壁紙クロスを貼ってみよう】

自分で家を造ること=セルフビルドに対して。一部分を自分で造るまたは施工することを=ハーフビルドといいます。

中古住宅を買ってローンでリフォームする場合の注意点

新築とは流れが異なる場合があるので、そのあたりも気をつけなければなりません。

中古住宅を購入して空き家活用リフォーム推進モデル事業を活用しよう

空き家リフォーム・空き家バンクなどという言葉は聞いたことがあるでしょうか。 とくに今回は「住み替え活用タイプ」の中の「子育て世帯」についてです。

知ってましたか?リフォームについてのよくある質問

リフォームは新築より難しいって聞くけど?リフォームしにくい家とは?リフォームのタイミングは?リフォームでできること、できないこと?

おもてなしトイレから学ぶトイレでがっかりさせないポイント

北九州のTOTOでは「おもてなしトイレセミナー」まで開催されています。

トイレ事情を知ることでトイレリフォームを見直すポイント

高齢になって、トイレの利用がままならなくなった時にスムーズに対応できるようにしておきたいものです。 最近のトイレの情報はインターネットで調べることができます。 メーカーのホームページにも掲載されていますし、施工業者の情報もあります。

トイレ事情を知ることでトイレリフォームのポイントを知る方法

すでに洋式のトイレのリフォームを考えている場合は、最新のトイレに交換しましょう。 中途半端なリフォームは後で後悔します。 少しリフォーム費用がかかっても、これから先の利用のしかたを考えてください。

トイレが近いのを理由にトイレにこだわってます

リフォームするときには自身が一番こだわりたい場所の一つである「トイレのお話」です。なんでトイレなのか?は続きを読んでいただければと思います。

リフォームのご依頼をメールで受ける場合

リフォームのご依頼をメールで受ける場合・・・。 ちょっと長くなりますが、今日はそんなお話です。

マンションでの小さい子の子育ては大丈夫?

マンションに限らず、集合住宅(いわゆるアパートや長屋も含めます)に住む場合はいろいろなルールを守らなければなりませんね。

水回りの工事とはどこをいうのでしょう

リフォームの中でも、トイレやキッチン、洗面所、浴室などの水回りは、毎日使う場所なので、リフォームを考えるときにはアイデアを絞って満足のできる仕上がりにする必要があります。

リフォームの時期を見逃していませんか

「どうせいつかはリフォームするのだから、これくらいは目をつむっておこう・・・。」というのが後々になって大きくひびきます。 リフォームの時期を見逃さないでくださいことが大切です。

トイレのリフォームは業者選びをしっかりとやりましょう

住宅リフォームの中でも水回りを専門的に行っている業者はたくさんあります。 水まわりといえばたいていがトイレのリフォームが先にあげられます。トイレのリフォームを思い立ったら、まずは業者選びをしっかりとやりましょう。