読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォームのボニタプライアの女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・建築・インテリアを中心にお話します。

ウォシュレットって自分では取り付けられないって思ってない?

ウォシュレット取り付け方を説明しましょう。 取り付け方がわかれば、取り外し方はその逆ですから、取り外し方もわかったことになります。

マンションの売却で、少しでも高く売る方法

あなたは現在お住まいのマンションを、手放したいと思ったことはありますか。いろいろな理由で、マンションの売却をする運びになったら、まずしなくてはいけないことがあります。 せっかく買ったあなたのマンションです。少しでもマンションを高く売る方法に…

引っ越しの準備できてますか?手続きはだいじょうぶ?

手続きに数日かかるものもあります。引っ越し当日になって慌てないようにしましょうね。

賃貸で住まいを探すときにはリノベーション物件も検討しよう

リノベーションは、リフォームとは違い、古くなった部屋、物件をきれいに改修しているだけではなく、間取りをいまどきの流行りのものに変えたり、最新設備を入れたりしています。

リフォームしなくてもインテリアでリビングが生まれ変わる?

部屋のイメージは、内部に施すインテリアによって大きく変わります。 たとえ、リフォームをしなくてもインテリアを変えれば、ガラッと部屋のイメージが変わりますね。

憧れの一人暮らしのトラブルは、できたら最初から避けたいもの。

快適で安全な初めての一人暮らしには、物件を探す段階で最初から「騒音防止」と「プライバシー重視」で物件を選ぶようにしましょう。

一人暮らしの物件選びは人任せにしないで‼︎

一人暮らしには物件選びは重要です。賃貸アパートや賃貸マンションを選ぶためには、かならず不動産業者と打ち合わせをしましょう。 ネットでもいいので、めぽしい物件が見つからない時は、メール相談や質問コーナーを利用して自分の希望や意見を送ります。 …

トイレのリフォームで注意すべきこと。

トイレのリフォームで注意しなければならないことを説明しましょう。 まず、どのようなトイレにしたいかと言うことです。 和式トイレを洋式にするパターンが一番多いかもしれません。 しかし、最近のトイレはすでに洋式の方が多いはずです。 ただ、洋式の場…

インテリアデザインを仕事にするって何を勉強したらいいの?

デザイン関係の学校に行くことも必要でしょう。 リビングのデザインの場合、様々な要素を加味しなければなりません。

女性のためのリビングインテリアを考えてみよう。

「東京タラレバ娘」にもあるように、30代、40代の女性の一人暮らしは、いまやもう普通のことですね。

インテリアとしてのリビングルームの照明の役割って?

照明を変えるだけで 全く違う部屋のように見えます。 リビングで何をするかも大事です。 ゆっくりとテレビを見たり、本を読んだりするでしょうか。

リビングを流行に合わせて壁紙を貼り替えてみよう

リビングはあなたにとって居心地のよい空間でなければなりませんよね。 リビングを流行に合わせて、変更することを少し考えてみましょう。 気軽にできるのは、壁紙を張り替えることです。

バスルームの水栓は使いやすい蛇口になっていますか。

あなたの家のバスルームは蛇口の水栓の位置や方式はストレスなく使うことができていますか?

ウォシュレットを取付けるのは面倒って思っていない?

自前でウォシュレットを付けることは可能なのです。 ただ、どのような取り付け方をすればいいかを知っておくことが大切です。

お風呂のカビ掃除は身近なものを使って。それでもだめなら・・・

カビ取り剤を使ったお掃除は、毎月1回など、定期的にやっておくとカビが少ないうちに除去できるでしょう。・・・それでもだめなら・・・。

ドラマでもよく見る「シェアハウス」の魅力って?

世代を超えて友人を作ったり、人生の先輩からアドバイスもらったり、またその逆も然り。

お風呂のカビ退治は日頃の一手間が大事

カビが好む環境と反対のことをすればよいのですから、お風呂場の中の温度を低くして、湿度が上がらないように乾燥させるなど、その他にも・・・。

リノベーションがどこまで行われているのか物件を見分けるコツ

賃貸物件を選ぶとき、第一条件として「新築」を希望する人がいます。 中古は古いというイメージを持つ人が多いからですね。

賃貸を自分でリノベーションする場合のポイント

賃貸マンション、アパートでも、原状回復できる範囲でリノベーションすることができます。

お風呂場にカビが生えやすい理由ってなに?

カビにとって快適な場所とは、温度や湿度も関係しています。 お風呂がなぜ、カビにとって良いのかというと・・・。

リラックスタイムとなるはずのお風呂がカビ臭いってイヤではないですか。

カビ臭くなってから、後悔しても遅いです。カビ臭いということは、もうすでに、空気中にたくさんのカビ胞子が飛んでいる状態なんですね〜。

リビングの役割は「家のなかで一番大切な場所」にしていますか?

家族のやすらぎの部屋なのです。そして。お客様を招くための部屋でもあるからです。だからこそ、リビングの雰囲気を大切にするために、インテリアにこだわる人は多いのです。

引っ越しの手順において確認しておかなければならないポイント

家が変わったとしても、ごく普通に日常生活は続きます。 新しい住居で生活が始められるように、必要なものを書き出しておくといいでしょう。

和室はインテリアをどのように揃えるかが重要なわけ

若い人なら洋風と考えがちですが、最近は意外と若い人の方が和室を好んでいるようです。

敷物で「ラグ」はインテリアの一部として考えることが大切です。

いろいろな種類があって、素材もカラーも大きさもさまざま。お部屋のインテリアの一つとして仲間に加えてみませんか。

カビが生えてしまってからでは遅い!!家の中のカビ対策はちゃんとやってますか。

カビは、生えてしまったらすぐに除去すること、そして、カビが繁殖しないように対策をすることが大切ですね。

お家のお掃除は面倒、でもカビが生えたらどうするの。

冬場はとくにお風呂場以外にも結露などで窓枠や壁にもカビがはえてしまいます。気がついたらビッシリなんてことも。

インテリアのタイプでトラディショナル?コンテンポラリー?ってなに?

インテリアのスタイルは、もっとも大きく分けた場合この二つが代表的です。

部屋?家具?カーテン?そもそも「インテリア」ってどういう意味でしょう。

好きだと思うものばかりを集めたつもりでいても、ひとつのお部屋のインテリアとして見た場合はどうなるでしょう。なかなか上手くいきませんね。

生活スタイルに合ったキッチンのリフォームを成功させるポイント

キッチンをこれまで以上に使いやすくしたいと決めたら、キッチンをリフォームする場合にポイントをいくつかご紹介しましょう。

新月は浄化のタイミング。インテリアに大切なのは統一感なのです。

今、あなたの周りは 心身がリラックスできるような やすらげる場所になっているでしょうか。

家の中でもよく使うキッチンスペースは、居心地のよい空間になっていますか。

三度の食事を作ったり、時には長時間の煮込み料理を作ったり。パン作りが得意。ジャムも作るなーんて人は一日の中で一番いる場所ですね。

リビングのインテリアに困ったら「カフェをイメージしたお部屋」に挑戦してみては。

リビングは寛ぎのカフェをイメージしたお部屋が多いです。 カフェですから、テーブルとチェアが重要ですね。 シックな木目調が雰囲気を出してくれます。

一人暮らしには、あなたらしさを感じられる「自由なインテリア」に挑戦してみましょう。

自分が住むための部屋ですから、一番寛ぎやすいことを考えなければなりません。 もっとも、自分らしさをアピールするためのコーディネートもいいかもしれません。

春からの一人暮らしのインテリアを自分流に選ぶポイント

いままで実家で家族と一緒に生活していたときと違って、なんでも自分の自由にインテリアを考えることが出来ます。なので、自分が一番寛げるインテリアを揃えましょう。

暖房器具の傾向は省エネを重要視。電気代の節約していますか?

電気代を節約することはあなたの生活を豊かにすることにつながります。 見えない収入となるからです。

腰痛に悩んでいる人は低反発と高反発どっちのマットレスがいいの?

低反発マットレスは寝ころぶと体が沈み込むので寝心地がとてもよいです。けれど、腰痛の人にはどうなのでしょう。

産後の腰痛でつらい思いをしている人にとってもおすすめマットレス

寝るときの姿勢をよい状態に保ってくれるので、腰痛がある人が使い続けることで症状が改善していくのです。 私自身も寝ていて目が覚めると腰が痛いのは毎日です。

電気代に悩むけど、電気蓄熱暖房機ってどんな仕組みなの?

できるだけ密閉した部屋にしておくことが暖房の電気代を節約することにつながります。

暖房にかかる電気代を節約するためのアイテムご紹介

この冬の電気代を少しでも節約したいと思っているのであれば、なにか一つでも試してみてはいかがでしょう。

高齢者にとっての暖房器具は「命を守る必須アイテム」と考えましょう

電気代を節約することは大事なことですが、高齢者の場合は安全と健康を第一に考えなければなりません。

昔ながらの火鉢を使って南部鉄瓶でお湯を沸かす生活もいいなあ

母方の実家ではいまでも使っています。火鉢のまわりでスルメを焼いたり、学校から帰ってくると「手をあたためなさい」と祖母にいわれたものでした。

リノベーション物件はデメリットもちゃんと知っておこう

リノベーション物件を見るときには、必ず「どこをリノベーションしたのか」工事内容をしっかりと確認しなければいけません。

せっかくオシャレにしても原状回復しなくちゃ〜な賃貸に物申す〜。

最近ではリノベーションして高級感を出して無垢のフローリングにしている部屋も増えています。

リノベーションされた中古物件もいがいといいかも!!その理由って。

賃貸物件を選ぶときの第一条件として「新築」をまっさきに希望する人がいます。 中古物件は古いというイメージを持つ人が多いからです。

リビングのソファーを選ぶときのポイントをいくつか

ちょくちょく買い換えるものではないので、できれば安物買いではなく、いいものを長く使いたいものですね。

リフォームの第一歩は「まずはインテリアを考えること」からはじめてみよう。

リビングに置く家具は大物が多いですから、一度購入したら十年以上は使用することになります。 簡単に決めないでほしいのです。

中古マンションの水回りをリノベーションするには?

水回りは、数十年も大丈夫なこともあれば、使い方によっては数年で修理をせざるを得ないことなんて場合もあります。

100円ショップが悪いとは言わないけど「人生がエレガントじゃない」って思うこと

なんでも揃うというのは、主婦にとっては非常に便利だと。わたしだってそう感じているからこそ、チョクチョク行ってしまう。けどね〜それでいいのか・・・。

災害時にも役に立つ「石油系の暖房」のメリットとデメリット

石油ストーブ、ファンヒーター。どちらもそれぞれに良い点と悪い点とがある暖房器具なので、購入する際にはよく考えましょう。