子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

リフォーム節約術

丸ごとリフォームと、ちょこちょこリフォームの違い知ってますか?

「あのときにまとめてやっておけばよかった」と、後悔しないために。リフォームをしなければいけない時期に差し掛かってから、慌てないように、日頃から計画を立てておきましょう。

お風呂のカビ退治は日頃の一手間が大事

カビが好む環境と反対のことをすればよいのですから、お風呂場の中の温度を低くして、湿度が上がらないように乾燥させるなど、その他にも・・・。

家の中でもよく使うキッチンスペースは、居心地のよい空間になっていますか。

三度の食事を作ったり、時には長時間の煮込み料理を作ったり。パン作りが得意。ジャムも作るなーんて人は一日の中で一番いる場所ですね。

暖房器具の傾向は省エネを重要視。電気代の節約していますか?

電気代を節約することはあなたの生活を豊かにすることにつながります。 見えない収入となるからです。

電気代に悩むけど、電気蓄熱暖房機ってどんな仕組みなの?

できるだけ密閉した部屋にしておくことが暖房の電気代を節約することにつながります。

暖房にかかる電気代を節約するためのアイテムご紹介

この冬の電気代を少しでも節約したいと思っているのであれば、なにか一つでも試してみてはいかがでしょう。

高齢者にとっての暖房器具は「命を守る必須アイテム」と考えましょう

電気代を節約することは大事なことですが、高齢者の場合は安全と健康を第一に考えなければなりません。

災害時にも役に立つ「石油系の暖房」のメリットとデメリット

石油ストーブ、ファンヒーター。どちらもそれぞれに良い点と悪い点とがある暖房器具なので、購入する際にはよく考えましょう。

リアリティとユーティリティから学ぶひっかからないコツ

「いまなら〇〇がついてきます」「期間限定で〇〇名さまに進呈」などと言って勧誘されて買ってしまったなんてことありませんか?

棚の整理にはお気に入りの紙袋やカップでスッキリ収納しちゃう

うちで一番多いのはスタバの袋。なんだかこれだけは捨てられないので沢山とってあります。だったら再利用しちゃおうかなと。

暖房なしでも暖かくいられる室内での寒さ対策に必要なモノって?

木造家屋では、暖房を入れていても、どこからともなくすきま風が入ってきて寒いので、冬の厳しい寒さが悩みの種になることも多いでしょう。

階段下に「掃除機置き場」なんていらない時代になりましたね。

新築やリフォームしたお宅では必ずや「階段下のスペースは掃除機置き場を作ってほしい」と注文を受けることが当たり前でした。そしてわが家も同じでした。それがいまは・・・。でも使ってみないとわからないもの。

空間が広く感じるけど〜本当は寒い吹き抜けの対策方法

以外にも戸建にお住まいの方が冬に頭を悩ませるところといえば、「吹き抜け」と「階段」です。 この2つがあることによって、せっかく家中を暖かくしても暖気は上にいってしまうため、お部屋が満遍なく暖まらないのです。

窓際から屋内に入ってくる冷気をシャットアウトするスグレものとは?

窓際からくる冷気を防ぐにはなにがいいのでしょう。暖房コストを下げられる寒さ対策として有効なものって?

一日の疲れを癒やす、お風呂の寒さ対策していますか?

バスタイムは、体全体を温めることができる貴重な時間です。 生活習慣においては活かせずにはいられませんね。

赤ちゃんがいる家庭の暖房で注意することって

冬になると暖房の電気代は馬鹿になりませんね。電気代を節約するために暖房を控えているかもしれませんが、赤ちゃんがいる家庭ではどのような注意が必要なのでしょうか。

気軽に自分でできる除湿方法ってあるの?

簡単に経済的にお金をかけないで除湿をする方法はたくさんあります。

あなたの暮らしにあわせて床暖房を選んでみては?

床そのものが暖房機器なので季節ごとの器具の出し入れがなくて掃除もらくちんです。

住宅の状態に合わせた暖房機器の選び方のポイント

住宅の状態に合わせて、暖房機器は室内の空気を汚さないものが増えてきています。

あなたはモノと上手にお付き合いできていますか?

古くなるのは年数が経てばしかたないことです。モノには寿命があるのだから。けれど少しでも長く使いたければ・・・。

あると便利なスグレモノ「◯姫サマ」って?

室内に洗濯物を干すにも高さがないと邪魔になったりしますね。高齢の方もお風呂場に干したり、ストーブの前に干したりして、安全面が心配です。

どこまでできるのか。よりも「どういうふうにしたいのか」が大事な理由

気持よくお仕事させていただくためには事前の打ち合わせや不具合の箇所は「十分にお話を聞く」ようにしています。

新しいモノを買うまえに考えてほしいこと

あなたはどうですか?モノとじょうずにお付き合いしていますか?

いらないものを壊して捨てるのは住宅も含めて限界な理由

なんでもいっしょくたにして、いっぺんに壊して捨てることができたら作業はもっとはかどることでしょう。

屋根のリフォームには3つの方法を選ぶ理由

屋根リフォームには最適な時期というものがあり、それを逃してしまうと後で莫大な費用が掛かってしまうことも少なくありません。

お住まいの屋根の形状はなにか知っていますか?

雨漏りだけを考えるのであれば、寄棟と切妻は大差はないでしょう。形状が単純な屋根で繋ぎ目が少ないほど雨漏りはしにくくなります。

家族が安心して気持よく生活できることのためにやっていること。

そこに、その場所に、家族やみんなが末永く「暮らす」わけですから、依頼されて「はいそうですか」ってわけにはいかない仕事です。

小さいお子さんの洗濯用の洗剤にはこだわっていますか。

洗剤をどうやって選んでいますか?メーカー名、仕上がりの白さ。汚れ落ちや、いい匂い。などなどいろいろあるかと思います。柔軟剤が入っているとかいないとか。

いつ買い換えたほうがいいのか?ちょっとした「裏ワザ」をご紹介。

家電を購入したときは、保証書がついてきますので、それを見れば「いつ購入したか」がわかります。しかし長く使っていたり、引越などで保証書が紛失する場合もあります。

蚊とりボトルを使って簡単に蚊を撃退できるって本当?

ワンコ連れで外出するには「蚊」対策がかかせませんね。簡単な対処方法をご紹介します。