読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

棚の整理にはお気に入りの紙袋やカップでスッキリ収納しちゃう

うちで一番多いのはスタバの袋。なんだかこれだけは捨てられないので沢山とってあります。だったら再利用しちゃおうかなと。

暖房なしでも暖かくいられる室内での寒さ対策に必要なモノって?

木造家屋では、暖房を入れていても、どこからともなくすきま風が入ってきて寒いので、冬の厳しい寒さが悩みの種になることも多いでしょう。

寒さに弱い観葉植物だからこそ冬の乾燥には気をつけよう

一緒に暮らしているならば、観葉植物もいつまでも元気で目を癒してもらえるよう、寒さ対策もしっかりとしてあげましょう。

基本ネコは寒がり屋さん。寒さ対策はしっかりと。

動揺にも謳われているように、ネコは本来は寒がり屋さん。お部屋の気温やハウスの気温は大丈夫ですか?

赤ちゃんの防寒アイテムを選ぶポイント

冬の寒さから赤ちゃんを守ってあげるためにも、寒さ対策をしっかりとしてあげましょう。

空間が広く感じるけど〜本当は寒い吹き抜けの対策方法

以外にも戸建にお住まいの方が冬に頭を悩ませるところといえば、「吹き抜け」と「階段」です。 この2つがあることによって、せっかく家中を暖かくしても暖気は上にいってしまうため、お部屋が満遍なく暖まらないのです。

保温性が高い万能アイテムの代表といっても過言ではないものって?

小さなお子さんのいるご家庭にも安心です。 衛生的にも安心できる抗菌効果もあり、ニオイも気になりません。それって・・・。

真冬の冷たいフローリングの寒さ対策はコレ!!

高齢者や小さいお子さんのいるご家庭や、またはペットのいるご家庭で、お住まいがフローリングの方にはすぐにできる寒さ対策アイテムとしておすすめです。

絶対に効く有効な寒さ対策って本当にあるの?

日本の家屋の特徴でもある「すきま風邪」いくら暖房をつけても、解消できない寒さに頭を悩ませている方も多いことでしょう。

窓際から屋内に入ってくる冷気をシャットアウトするスグレものとは?

窓際からくる冷気を防ぐにはなにがいいのでしょう。暖房コストを下げられる寒さ対策として有効なものって?

自宅で家電製品をいろいろ使ったあるあると注意点

いろんな便利グッズを試すのも勉強になります。見たまま聞いたままではなかなか納得いかないし。「本当??」って疑ってみても使ってみないとわからないものです。

いいものを作りたいと考えている工務店はどこを見ればわかるの?

近所の工務店に頼んだら、なにかあったらすぐに駆けつけてくれる。あなたの基準は価格ですか?デザイン?それとも・・・。

工務店は地元に密着。そのメリットとは?

口コミサイトでは施工例の見積り金額が掲載されています。 地域によって価格差はあるでしょうが、目安にするといいでしょう。

判断するためには経験に裏打ちされた技術が必要なこと

家を治すためには経験が一番だと言えます。数多くの経験をしているからこそ見ただけでどのような症状かわかるからです。

リフォームを依頼する工務店選びは地元がいいっていう理由は?

リフォームでは工務店と大手ハウスメーカーを比較する人が多いのですが、単純な比較をしても意味がありませんね。大手はCMなどで営業をしていますが、地元の工務店は営業よりも口コミが多いです。 その分、大手のハウスメーカーはどうしてもリフォームの価格…

春から一人暮らしを始め方とポイント第2弾

来年になって、受験が終わってからでは、バタバタしてしまうので、いまから心の準備をしておくと、慌てなくてすみますね。

日本のゴミ捨ても北欧なみに24時間捨てられる日が来るのか?

ゴミリサイクルの気運が日本にもありますが、ゴミを出す日が決められていたり、出し方の指定まであるので「気軽に捨てられない」というイメージがあります。

家の中でも履き物を履いている欧米諸国の家の玄関が気になる理由って?

玄関周りはある程度の広さが限られているため、理想通りにまとめるのはなかなか難しいですよね。じゃあどうしたら?

周囲に同化しなくて浮いているインテリアって気になりませんか?

インテリアって気になりまじめると止まらなくなりますね。まずはコンセプトを決めて、チグハグにならないように気を付けましょう。

床暖房はをリフォームのときに取り付けるにはどんな方式がいいの?

床暖房って、いろいろあるけれど、どれをえらんだらいいのか・・・そんなお悩みありませんか?

ちょっと前の家電「アクティフライ」を使いこなせなかった理由

そもそも自宅の台所でフライや天ぷらをすることが面倒なわたし。主婦にとって油の後始末は面倒なのです。

リフォームをする時に一緒に床暖房の工事をすることが大切な理由

床暖房システムって見慣れないものですから、どのような工事になるのか知りたいものですよね。新築時に設置できなかったとしても大丈夫です。リフォームで取り入れることができます。

床下に設置する「床暖房のしくみ」はどうなっているの?

これからの暖房器具として注目されています。その仕組みはどうなっているのでしょうか。 熱源は電気や温水を使っていますが、基本的な考え方は同じです。

床暖房は「暖房器具から音が出ないこと」も大きなメリット、それ以外は?

床暖房は空気を汚しませんから子どもやお年寄りやなどの体の弱い人や、ペットなどにも優しい暖房器具と言えます。

床暖房は床全面に暖房器具を取り付けるって思っていませんか?

床暖房のメリットは他の暖房器具と比較するとわかります。ご存知かもしれませんが、 空気を暖めるタイプではありませんね。

エコな最新機種の機器によって光熱費をおさえるコツ

「料理の時でも、光熱費や食費をできる限り抑えたいけれど、家族に不健康なものは食べさせたくない…」そんなお悩みありませんか。

料理をする時に足元が冷えて辛い思いをしていませんか?

リビングに暖房は設置しても、キッチンに暖房を設置する家庭はなかなかありません。火を使う場所で危険ですからね。

料理がしにくい環境をガマンしていませんか?

食事は家族の健康を支える大切なものですが、作る側としてはとにかく大変。家事や仕事で疲れている時にみんなの料理を作るなんて、かなり骨が折れる作業ですよね。

そんなお悩みは「リフォーム」で手軽に解決しちゃいましょう。

キッチンとリビングが離れ離れな間取りになっていることにより、会話がぐっと減少してしまった家庭がとても多いのです。

間取りが不便で好みでないキッチンを見直してみては?

リフォームをするのはかなりの大事ですが、それで一生もののお気に入りキッチンが手に入るのなら安いもの。

料理のしやすい環境でデザインも素敵なやる気のでるキッチンにしてみませんか。

キッチンという空間が新しく生まれ変わるだけでも、気持ちが新鮮になって前向きに料理を作ることができます。

キッチンのリフォーム会社選びは間違えたくありませんよね

キッチンリフォームをしてくれる会社は数え切れないほどありますが、リフォーム会社選びには間違えたくありませんよね。

古い台所で料理を作る前から億劫な気持ちにならないためにすることって。

キッチンの空間がとても使いやすく、楽しくなるようなデザインならばやる気も出ますよね。

今のキッチンに100%満足していますか?

料理好きな人はいいけれど。ただでさえ料理をするのが嫌なのに、キッチンという空間にも不満を感じていてはストレスが爆発してしまいますね。

調理光景が見える対面式キッチンに大変身してみては?

キッチンとリビングが離れていて、どうしてもお母さんが会話に入れない・・・なんてお悩みありませんか。

キッチンの間取りが不便で料理をするのがすごく面倒ではありませんか。

これまで料理が億劫だった人も、キッチンが新しくなれば作るのも楽しくなりますね。

リフォームのタイプについてはいろいろありますね〜。

リフォームには、ただ修繕するだけでなく、100件の家があれば100通りのリフォームがあるのです。

リフォーム業者には得意不得意のタイプがあるって知ってましたか。

ご自身の予算とリフォーム内容によって依頼するリフォーム業者のタイプを選ぶ様にしましょう。

アフターフォローをしてくれる業者を選びましょう

工事をしたらリフォームは終了と思っている方もいるかもしれませんが、実はその後のメンテナンスがとても重要なのです。リフォーム後は一見キレイになっているかもしれませんが、実際に使ってみておかしいと思う所も出て来るかもしれません。 そういった時に…

リフォームで重要なのがリフォーム業者の選び方

大切なお家のリフォームをして失敗してしまってお金だけ払う事になってしまったと言う話はよく聞きます。 そうなってしまうと悔みきれないですよね。大体が原因としてリフォーム業者に問題が有ったとしているそうです。こうした事から考えてみてリフォームを…

リフォーム費用は確保しておきましょう

一大決心をして持ち家を購入したら嬉しいですよね。でもそこからローンが始まっていきますのでしっかりと働いて返していかなくてはいけません。 でもお金がかかるのって家のローンだけではありません。何だかんだで家のリフォームにかかるお金も必要になって…

建て替えをした方がお得なのではないでしょうか

今住んでいる家を色々修繕したい場合、リフォームと建て替えとどっちの方が費用的にお得なのか悩んだ事はないでしょうか。 単純に建て替えとリフォームと費用面だけで比べた場合、大体どの業者に聞いてもリフォームの方が安く済むと思います。 何故かと言う…

リフォームをしなくてはいけない築年数とは?

家を建てたら「リフォーム」はいつかは考えなくてはいけない事です。特に壊れても老朽化もしていないけれども、デザインを替えたいから替えると言った考えで行うリフォームもありますが。 壊れたり老朽化したりする事で生活に支障をけ出すから直さなきゃと言…

住まいにリフォームを加える場合[ リフォームローンのメリット・デメリットについて ]

住まいをリフォームするとなったら。ればローンは組みたくないものの、学費や旅費は確保しておきたいところ、リフォームローンのメリットとデメリットって・・・。

住まいをリフォームするなら[ リフォームローンについて知っておこう ]

リフォームをなかなか決断できない理由のひとつは、リフォームにかかる資金不足がありますね。そんな時に手軽に借りることのできるリフォームローンについて知っておきましょう。

中古マンションのローンを払えなくなったらどうする?

あってはほしくないことですが。せっかく購入したマンションなのに。住宅ローンを払えなくなるケースも。ではどうやって売却したらいいのでしょう。

さまざまな理由で家を売らなければならなくなったとき。

できればせっかく手に入れた住まいは売りたくはないもの。でも、さまざまな理由から手放すことになったら・・・。

土地や建物を売ったときの [ 譲渡所得の税金計算のしくみについて ]

法人ではない個人が、土地や建物を売ったときにかかる税金は、所有期間の区分に応じた税額の計算をおこないます。

不動産を売ったときの税金[ 所得税・住民税などについて ]

不動産(土地や建物)を売ったときにかかる税金には、特例がみとめられているものもあります。

住宅取得等の贈与を受けたときにかかる [ 贈与税について ]

直径の父母や祖父母または曾祖父母からの贈与も対象となります。受ける側は子と孫で所得金額の制限があるので注意ですね。