読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォームのボニタプライアの女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・建築・インテリアを中心にお話します。

リフォームしなくてもインテリアでリビングが生まれ変わる?

部屋のイメージは、内部に施すインテリアによって大きく変わります。 たとえ、リフォームをしなくてもインテリアを変えれば、ガラッと部屋のイメージが変わりますね。

インテリアデザインを仕事にするって何を勉強したらいいの?

デザイン関係の学校に行くことも必要でしょう。 リビングのデザインの場合、様々な要素を加味しなければなりません。

女性のためのリビングインテリアを考えてみよう。

「東京タラレバ娘」にもあるように、30代、40代の女性の一人暮らしは、いまやもう普通のことですね。

インテリアとしてのリビングルームの照明の役割って?

照明を変えるだけで 全く違う部屋のように見えます。 リビングで何をするかも大事です。 ゆっくりとテレビを見たり、本を読んだりするでしょうか。

リビングを流行に合わせて壁紙を貼り替えてみよう

リビングはあなたにとって居心地のよい空間でなければなりませんよね。 リビングを流行に合わせて、変更することを少し考えてみましょう。 気軽にできるのは、壁紙を張り替えることです。

ドラマでもよく見る「シェアハウス」の魅力って?

世代を超えて友人を作ったり、人生の先輩からアドバイスもらったり、またその逆も然り。

リノベーションがどこまで行われているのか物件を見分けるコツ

賃貸物件を選ぶとき、第一条件として「新築」を希望する人がいます。 中古は古いというイメージを持つ人が多いからですね。

リビングの役割は「家のなかで一番大切な場所」にしていますか?

家族のやすらぎの部屋なのです。そして。お客様を招くための部屋でもあるからです。だからこそ、リビングの雰囲気を大切にするために、インテリアにこだわる人は多いのです。

和室はインテリアをどのように揃えるかが重要なわけ

若い人なら洋風と考えがちですが、最近は意外と若い人の方が和室を好んでいるようです。

敷物で「ラグ」はインテリアの一部として考えることが大切です。

いろいろな種類があって、素材もカラーも大きさもさまざま。お部屋のインテリアの一つとして仲間に加えてみませんか。

お家のお掃除は面倒、でもカビが生えたらどうするの。

冬場はとくにお風呂場以外にも結露などで窓枠や壁にもカビがはえてしまいます。気がついたらビッシリなんてことも。

インテリアのタイプでトラディショナル?コンテンポラリー?ってなに?

インテリアのスタイルは、もっとも大きく分けた場合この二つが代表的です。

部屋?家具?カーテン?そもそも「インテリア」ってどういう意味でしょう。

好きだと思うものばかりを集めたつもりでいても、ひとつのお部屋のインテリアとして見た場合はどうなるでしょう。なかなか上手くいきませんね。

生活スタイルに合ったキッチンのリフォームを成功させるポイント

キッチンをこれまで以上に使いやすくしたいと決めたら、キッチンをリフォームする場合にポイントをいくつかご紹介しましょう。

新月は浄化のタイミング。インテリアに大切なのは統一感なのです。

今、あなたの周りは 心身がリラックスできるような やすらげる場所になっているでしょうか。

リビングのインテリアに困ったら「カフェをイメージしたお部屋」に挑戦してみては。

リビングは寛ぎのカフェをイメージしたお部屋が多いです。 カフェですから、テーブルとチェアが重要ですね。 シックな木目調が雰囲気を出してくれます。

一人暮らしには、あなたらしさを感じられる「自由なインテリア」に挑戦してみましょう。

自分が住むための部屋ですから、一番寛ぎやすいことを考えなければなりません。 もっとも、自分らしさをアピールするためのコーディネートもいいかもしれません。

春からの一人暮らしのインテリアを自分流に選ぶポイント

いままで実家で家族と一緒に生活していたときと違って、なんでも自分の自由にインテリアを考えることが出来ます。なので、自分が一番寛げるインテリアを揃えましょう。

暖房器具の傾向は省エネを重要視。電気代の節約していますか?

電気代を節約することはあなたの生活を豊かにすることにつながります。 見えない収入となるからです。

腰痛に悩んでいる人は低反発と高反発どっちのマットレスがいいの?

低反発マットレスは寝ころぶと体が沈み込むので寝心地がとてもよいです。けれど、腰痛の人にはどうなのでしょう。

産後の腰痛でつらい思いをしている人にとってもおすすめマットレス

寝るときの姿勢をよい状態に保ってくれるので、腰痛がある人が使い続けることで症状が改善していくのです。 私自身も寝ていて目が覚めると腰が痛いのは毎日です。

昔ながらの火鉢を使って南部鉄瓶でお湯を沸かす生活もいいなあ

母方の実家ではいまでも使っています。火鉢のまわりでスルメを焼いたり、学校から帰ってくると「手をあたためなさい」と祖母にいわれたものでした。

リビングのソファーを選ぶときのポイントをいくつか

ちょくちょく買い換えるものではないので、できれば安物買いではなく、いいものを長く使いたいものですね。

リフォームの第一歩は「まずはインテリアを考えること」からはじめてみよう。

リビングに置く家具は大物が多いですから、一度購入したら十年以上は使用することになります。 簡単に決めないでほしいのです。